忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[09/16 響由布子]
[09/16 響由布子]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/06 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

タイ~仏の国の輝き~展@東京国立博物館

■昨日行ってきました。これは激お勧めです!(入場1800+図録2500)
■そもそも日本に仏教が伝来してきた頃タイはどうだったなんて全然知らなかった……。
■タイから出土したコインの精緻な事、仏像しかり絵画しかり、タイの宗教的な工芸品は中国のそれよりも精緻で美しいかもしれないと思いました。
■最近の博物館の年表などはビジュアルで端的で初心者にも分かりやすいよう工夫がされていてとても楽しいです。
■それとタイの仏像は見ていて非常に心明るくなります。何故なんでしょう??? 長い間の人々の心優しい信仰心が憑依しているせいなのかな。
■タイにも結界石があった事もちょっと驚き?
■ラーマと言えばマーガリンだった私にはとても勉強になり、また目の保養になりました。

■ところで昨日気付いたのですが、タイに限らず仏像って男性器が無いですよね……
■ただ単に無いのではなく、意地で無くす、という気迫すら股間から感じました。
■それは何故なのか、理由を考えて探ってみましたところ
■そもそも仏とは仏陀(正しい悟りを開いた人)の事で、人の名前ではありません。←私の場合はここからおさらいしないと危ない
■仏教の開祖である釈迦(ゴーダマ・シッダールタ)が菩提樹の下で悟りを開き仏陀になった時、彼には32の良い特徴がありました。これを三十二相と言います。
■その良い特徴の中にある「陰蔵相(おんぞうそう)」こそが、仏像にもっこりを入れない理由なのです。
■陰蔵相とは陰蔵(男根)が股間から隠れている相の事で、馬も普段は陰茎を体内に隠している事から「陰馬蔵相(おんめぞうそう)」ともいうそうです。
■煩悩の象徴を完全に格納している事から、人徳を意味する事もあるようです
■リンクを貼っておきます。
陰蔵の相


三十二相
PR

ネコに欲情

■エッチな心が足りないと官能原稿が書けないので原稿の合間にエロ動画をいくつか見ていたのですが、先日「学園一の美少女の弱みを握って美少女を好き放題するキモオタ男子学生」の動画を見ててて何か微妙だなと。何だろうこの気持ち???

■と思ったらハタと気付いた。陰気な男子学生が嫌がる美少女の髪や首の匂いクンクン嗅いだり、顔を顔にこすりつけたり、逃げるのを押さえてもみくちゃに撫でまわしたり、嫌がる美少女が拒否する様子見てさらに興奮して「お前は俺のもんだ」みたいにガッシリ抱いたりって、私が、家のミーちゃんにしてる行為と全く一緒だった。笑えん……。

■ミーちゃんから見た私ってこの動画の中のキモオタ男子学生と同じなんだ……ガーン、、、
■というわけでミーちゃんは私と目が合うと直ぐ腰を浮かして逃げようとします。私が寝るとそばに来て一緒に寝るけど私が起きると逃げる……。やっぱりミーちゃんの目から見たら私はあのAV男優みたいに見えてるに違いない……。
■少し心を改めようと思いました。
■だが待てよ……これ官能原稿に活かせるんじゃないか? という事で次回作はストッキングとかをクンクンするシーンが出てきます。よろしくお願い致します。

もうすぐ脱稿……

今回は(も)本当につらかった。しんどかった。凄く時間が掛かった。
こんなのはもうこれを最後にしたいくらいしんどい。
珍しく〆切2回伸ばしてもらった。(発売まで余裕がかな-りあるスケジュールで良かった)
健康を害してしまうのは自分が仕事を仕事として淡々とこなさないせいだと痛感した。
腎臓が悪いんじゃないかと疑ってます。むくみが酷い。
編集のOさんは「書きたい事を楽しく書いているうちはアマで、書きたくない事をマシンのように安定的に出せるようになってからがプロだ」みたいな事を言ってたけど、分かるけどそんなの分かりたくない。我々は機械ではない。心があるのだ! 心がある人が書くから心ある読者に響くわけだよって思うんです。

こんなにしんどい思いをして書いている話ですが、悔しい事に出来がいいです。
歯医者の話です。皆さん歯医者さんは好きですか? 私は大嫌いです。
歯医者大嫌いな私が男になって「こんな歯科医院があったらいいな」と妄想した世界を書きました。
客観的に読み返してみて私はオモロイと思いました。
問題は、私の「客観的な目」が本当に正しいのかどうかです。
面白ければ売れる、買う価値があれば売れる、という事だけを信じたい。
それ以外の事は案外どうでもいい事なのです。無責任な余力で済ませればいい事。

読者さんの方だけを向いて仕事をしていたいと強く思う今日この頃です。

埼玉の戦国史講座

今日から全五回の「埼玉の戦国時代」講座が始まります。
月1回ずつで全部ひっくるめて5回講演+資料代5000円。
講師は新井浩文氏。「関東の戦国期領主と流通(岩田書院)」著者

【追記】
聞いてきましたがおおむねちんぷんかんぷんでした。(''ω'')
「杉山城問題」面白いです。
杉山城問題については予備知識ゼロの私が聞き書きしたものより良く知ってる人の記事の方が正確なのはまず間違いないのでリンク貼らせていただきます。(ペコリ)

★城郭探訪 杉山城3……

「一線超えてない」は通らないだって

今井絵理子「一線越えてない」に弁護士「通らない」

 日本テレビ系「スッキリ!!」でコメンテーターを務める菊地幸夫弁護士は、「マンションやホテルに入ってドアがパタンと閉まったら、もう『一線を越えていない』と言っても無理です。少なくとも裁判所においては無理です。裁判ではその言い訳は通りません」と説明した。

■これ読んで思い出した。前に男の人に車で家まで送ってもらった時家人に言われた。「李下に冠を正さずって知ってるだろう? 世間的には密室でも車内でも、男女二人きりだと男女の仲を怪しまれる可能性があるんだよ。もしお前が実力のある作家なら別になんてことない行為でも、何も無い知名度も無い奴は余計に気を遣わないと、誰も守ってくれないし足元すくわれるぞ」ってたしなめられた。
■その時は「ええ~気にしすぎでしょう。別にマジで何も無いよ。相手にも失礼だよ」と言ったけど家人は「当人同士がどう思っていようとも、悪く言う奴は居て、実力がある人間なら別にそんな噂も吹っ飛ばせてしまうけれど。お前のようなぺーぺーは信じてもらえないんだぞ」と言われた。
■この記事を読んでみて、改めて家人は良いアドバイザーだなと思った、私よりも世間的な目・常識を持っていてくれて助かる。
■こちらの統計「(パートナーのいる人間が)二人きりで食事」を浮気と思うかどうかについても、3割が浮気と判断している。⇒http://human-data.com/archives/2083
■公の場所に二人でいても浮気なら、周囲から遮断されたプライベートな空間で男女二人いただけで浮気を疑う人がそれ以上いるという事だ。もちろん裁判では「何もやってません」は通らない可能性が高いというわけで、あほらしいと思いつつも私のようなナンチャッテ作家は余計に気を付けないとならないと思った次第です。
※ナンチャッテ作家を脱するよう実績を頑張らないとね。新刊買って下さいね!!!


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne