忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[05/12 響由布子]
[05/12 しょっぱめの猫]
[05/04 響由布子]
[05/03 しょっぱめの猫]
[04/18 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

胡蝶蘭その後

■頂芽を傷つけてしまった胡蝶蘭。一時期どうなるかと思いましたが無事に脇から新しい芽が出てきました。
■これが大きくなると今度はこちらが主流になるのでしょうね。
■それにしても、「頂芽を傷つけて、新しい葉が展開しなくなった時どうするか」という情報が無くて本当に困りました。考えてみると、胡蝶蘭を何年も育てている人は頂芽なんかダメにしないんでしょうね。(うちはネコに鉢を落とされました)
■ちなみに矢印が展開しなくなった頂芽の部分で、赤丸が新しく出てきた頂芽です。
PR

林氏墓地

昨日は市ヶ谷に行くついでに「林氏墓地」に行ってきました。

林家(林羅山の家)の墓地です。普段は施錠されていて中に入ることができません。儒者の墓地ということで普通のお墓とも普通の埋葬とも違うのです。
詳しくはこちら。

林氏墓地

日本文芸家クラブパーティー

昨日はお誘いを受けて日本文芸家クラブのパーティーに行ってきました。
その前に香坂燈也氏とゼロ次会、マイナス一次会をしてきました。
香坂氏とは久しぶりにたくさん話した気がする。
お互い元気で長生きしたいものですね!

成長点がダメージ@胡蝶蘭

■ネコが鉢を落としてしまい、胡蝶蘭の成長点に傷がついてしまいました。新芽がダメになると次の葉がもう出てきません。
■成長点とは頂点の新しい葉が生まれてくる部分です(赤の矢印の先)。いつまでたっても新しい葉が出てこず、その代わりすごい勢いで根が生えてきました。
■うちは根っこむき出しで育てているので根がどれだけ生えているかがすぐわかるのです。
■このままだと根っこが爆発してしまうので、培養液(メネデールとハイポネックスをうす~~~~~く溶いた液)に何度かつけて様子を見たところ、わきから新しい芽(成長点)が出てきました(赤丸部分)。
■胡蝶蘭の根は暗くならないと水を吸わないそうですので、夜に培養液に根を浸して、朝引き上げます。それで何とか新しい脇芽が出てきました。記録用。


根っこ爆発寸前!


普通の根っこ。全部空中栽培です。

日刊ゲンダイ

■【宣伝】少し早いのですが宣伝。6/23から日刊ゲンダイ週末版にて「定年後、作家になろう-官能小説講座」のコーナーをやります。週末ごとの全10回です。23日スタートです、お手に取ってください。よろしくお願い致します!


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne