忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[07/22 しょっぱめの猫]
[07/22 しょっぱめの猫]
[06/14 響由布子]
[06/14 DSK]
[05/31 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

山岳信仰の歴史と民俗

【山岳信仰の歴史と民俗】←講演に行ってきました。

鈴木正崇山岳修験学会学会長の講演1

もっとも印象深かったトピックは「胎内回帰」
・修験道での山中修行を「胎内修行」といい、275日間山にこもるその日数は母の胎内にいる日数を模している。
・山岳修行を行う者は山に入る前に疑似葬儀をしていったん死ぬ。山に分け入ることで受胎を模する。
・無垢な状態で山に入り修行によって人格を形成する様子を胎内で人間が育つ様子と対比させている
・修験の根底には「母なる山」という考えがあり、これが道教と全然違うところ
・山は女神。なので女人禁制(特に美人はNG.女神が嫉妬するから)
・修行を終えて山から駆け下りて来る事を「出成(でなり)」というが、声を上げながら山道を駆け下りる事が、赤ん坊が産道を通って生まれる様子を表現している。
・「人の噂も75日」といい母体内に居る日数を275日と言うが、75という数字には意味がある←よく聞き取れなかったが、大昔、諏訪大社に毎年75頭の鹿を奉納するなど、75という数字が大事な意味を持っている。


博物館入館料:300円
講演料:300円

【追記】
【山岳信仰の歴史と民俗】2 講演者:山岳修験学会長・鈴木正崇
★開山伝承
・日本の神仏習合の歴史は長く1000年以上
・山は神仏習合の世界
・この状況を激変させたのは明治元年発令の太政官令「神仏判然令」
・仏教が伝わって以降、多くの寺院が修行の場として山を選んだ
・日本には多くの「開山伝承」が残っている
・山を開山するのは僧侶、先住民、漁師、私度僧、優婆塞、聖、禅師、巫者など雑多。
・開山者は先行者の導きで山に入り、神霊や仏と出会う
・山は川の源(命の源)という考え
・開山伝承の多くは平城京への遷都以降←恣意的ではないか
・律令国家成立と開山の時期を合わせる措置をしたのでは
・開山者にはヨリ(憑依)、ワカ(童子)、フリなどの名前が付与されている
・立山、伯耆大山、羽黒山など、禁忌を破って山に登る女性のトランニ、トラは巫女の一般名では←柳田邦男説
・前述トラは各地にある寅子石伝説のトラじゃないかな?←私の考え
・歴史学者は開山伝説は史実ではなく開山者の多くは実在しないという立ち位置で研究対象にしない
・禁足地に立ち入るための理由としての開山伝承では?という意見が主流っぽい
・山の頂上で古代の祭祀の道具などが発見されたが、一番古くて奈良時代
・山の神の出現形態は水晶(熊野山・彦山)、九頭竜(白山・箱根・戸隠)、鬼など

PR

檀那寺

先日読んでいた本に「神主さんにも必ず檀那寺があった」と書いてあって凄いビックリしました。江戸期以前の話だそうです。「そうなの!?」と思ったのでここに書いておきます。
真偽はそれぞれが調べて下されば。私は私でそのうちやります。
検索して辿りつく人のために、分かったらここに追記しておこうかな。

真夜@河合信志

樹が痛むので切ってしまった。レモンみたいなすっきりした匂いがとても素敵な「真夜」。色は黒赤。マルーンと表現される事もあります。真夜は昨年突然枯れてしまったので新しく苗を買いました。「ガブリエル」と「真夜」はお勧め品種です。とても素敵ですよ。
こちらのブログが「真夜」の魅力を熱く語って下さってます。
http://judejude.exblog.jp/i103/

胡蝶蘭

■うち中で一番元気な胡蝶蘭の株はこちら。一番最初に空中栽培にした株。これは腐りかけてしまったのでミズゴケを取って乾燥させてからリンゴのネットを被せてあります。
■普段はこれを植木鉢の受け皿の上に自立させています。水分は主に霧吹きですが、月1~2回、根っこをどっぷり水につけて灌水してやります。
■根っこにも薄日が当たるので、綺麗で太くて緑色な根っこになりました。(生息地では木肌に貼りついて寄生するので根っこにも木漏れ日が当たるし光合成もするのです)


針ヶ谷陣屋跡


■所属する研究会によると、この画像の看板にはあやふやな点があるという。「岩附太田十郎氏房」と名乗った事は(少なくとも当時は)無いとの事。古文書によれば後北条の「北条氏房」が正しいらしい。北条氏房の母は武田信玄の娘黄梅院。
■その北条氏房の家臣である熊谷三郎左衛門が針ヶ谷陣屋の主となって土地を守っていた。そしてその陣屋があった辺りを主人の名前から三郎山と呼んだ。
■三郎左衛門には「るひいな」と言う名の隠れキリシタンの娘がいた。元和九年の江戸キリシタン弾圧により、夫権七郎と子の彦四郎は処刑されてしまった。
■しかし、二人がキリシタンになったきっかけである(と聞いた気がしたけど私の記憶違いかも…)「るひいな」は助命された。これは、当時二人の結婚を易で決めた竜派禅珠(寒松)が彼女の人生に責任を感じて奔走したからである。(夫や子の助命嘆願も同時にしていたが、間に合わなかった)
■竜派禅珠は直接将軍にモノ申せるくらいの実力者だったが何故そうだったかと言うと、彼は足利学校の校長をつとめていたから。
■るひいなは当時十八歳。夫と子が処刑されたことを聞き大変嘆き悲しんだ。これらの経緯は「寒松日暦」(川口市史近世資料編Ⅲ所収)に詳しい。
■るひいなとの関係は不明だが、川口芝の如意輪観音堂の阿弥陀如来坐像から胎内にあったマリア像と十字架が発見されている。(県博物館寄託))
■また、研究会のお方の意見では。当時水路は舟で往来できるような水量が無かったのではないだろうか(等高図などから推測)との事。←私は浦和なら水一杯あるから行けるのではないかなと思うのですが……


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne