忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[09/16 響由布子]
[09/16 響由布子]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/06 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

ゆうわく歯医者さん

いよいよアマゾンに予約ページが出来ました!

ゆうわく歯医者さん

読者の皆様よろしくお願い致します!emojiemojiemojiemojiemoji
制作にものすごい時間がかかってしまいましたが、今出る限りのエネルギーをすべて注ぎ込みました!
「こんな歯医者があったらいいなemoji」という夢が炸裂しております。
通勤通学のお供にどうぞ!
PR

「血盆経」2

【大宮郷土史研究会地蔵盆見学会】5
【血盆経】2
■「血盆経(けつぼんきょう)」が成立したのは10世紀の中国大陸で、そこから朝鮮半島を通って日本に伝来したようだ。
■朝鮮半島では「血盆経」はあまり受け入れられなかったらしく痕跡が殆ど残っていない。
■琉球と南西諸島は女性の地位が高く、それが理由で「血盆経」は浸透しなかったのではないだろうか?(推測)
■日本本土の場合は女性の参政権がつい最近まで無かった事などを考えても女性の扱いはぞんざいだった=血盆経が受け入れられたのでは(推測)
■一体いつどこから女性の経血が不浄なもの扱いされ始めたのだろうか。というのは研究テーマの一つとなりうる。
■沖縄以西の南西諸島では、夫や恋人が危険な漁に出かける時、女性側は経血で染めた布をお守り代わりに持たせる風習があった。女性特有の血は新しい命が誕生する証であり魔よけのパワーを秘めたものでもあったのだ。
■そもそも沖縄方面では政(まつりごと)は男の王、祭事(まつりごと)は女の王がつとめていて男女で一対だった。そのくらい女性の地位が高かった。(そういえば日本にもかつて卑弥呼がいたっけなあ…と私は思った)
■各国での女性の扱いについてはアフリカから人類が歩いて広がって行った道のり通りに神話を読み解いて行くのが一番面白いよという講師のお方のご意見でした。出来たらそのうちやります。
■神話の話で出たのですが、太陽神が男か女かより、太陽神が人間にとって善か悪かの方が重要なのだそうです。アフリカ方面では太陽神は、あばれ過ぎると人類に死をもたらすので良い神では無かったりするのだそうです。

偽経「血盆経」について

【血盆経1】

■地獄絵図に出て来るような地獄の概念は、もともと神道にも仏教にも道教にも無かったそうです。それが出て来たのは神仏混合で陰陽道が混ざった頃だということです。「往生要集(985年)」が初出とのこと。


■その地獄絵図の中に血の池地獄と言うのがあるのは皆さんご存知と思います。


■あの血の池地獄というのは女性が出した月経血やお産の時流した血で出来ていると言うのはご存知でしたでしょうか? 私は知りませんでした。


■そもそも仏教に於いて女性(にょしょう)は生まれ落ちた事それ自体が罪なんだそうです。なぜなら女は毎月血で大地を汚すからです。お産のたびに血を流すからです。


■キーワードは偽経「血盆経」です。偽経とはニセという厳しい意味ではなく仮とか補助とかいう軽い意味だそうです。


■「血盆経」とは、女性が女性特有の出血のために、死後、血盆池(血の池)に堕ちる事を説く短文の仏教経典のことである。経諸本には多少の異同があるが、おおむね次のような内容からなっている。


『仏弟子の目連尊者が、血盆池地獄を見る。ここは、出産時の出血(および月経)で地神を穢し、また血の汚れを洗った川の水を人が知らずに汲み、茶を煎じて諸聖に奉り、不浄を及ぼしてしまう罪によって、女性だけが落ちる地獄があった。母の恩に報いるため、目連は獄王(あるいは仏)にこの地獄から逃れる方法を問う。当経は、十世紀以降に中国で民間仏教経典として成立したと言われている。


■血の池地獄に落ちた女人たちが救われるためには、「血盆経」を信じてこれを書写し、読経し、受持するならば、三世の母親はことごとく天に生まれて諸々の快楽と衣食を受け、自然に長生きが出来、浄土に往生することが出来るとある。


■仏教で救われるのは基本的には男子のみで、女はその原罪により地獄に落ちるというのが昔の仏教の教えであった。(釈迦をたぶらかすのも女だった)(釈迦の母は釈迦の追善供養により助かったらしい)


■現代の女性から見たら酷い女性差別(蔑視)かもしれないが、当時は地蔵盆の地獄絵図を見るのは女子供と決まっていた。いわば女子供の娯楽タイムでもあった。地獄絵図を見る地蔵盆などの「講」の中心はいつも女だった。自分たちが地獄に落ちないようにしっかり念仏唱えてくるからアンタ舅姑の面倒と畑と洗濯と掃除やっといて! みたいに大手を振って集会場に行ける楽しいひと時だったのではないかと講師の女性は仰ってました。そうかもな~とは思います。


 


末國善己さん新刊

歴史時代作家クラブでお知り合いになりましたとても親切な文芸評論家の先生・末國善己さんの新刊を頂戴致しました。ありがとうございました! 先生の編纂された本は勉強になります。
Amazonより転載:
性愛を題材にした文学の歴史は古く、弾圧が厳しい時代をも乗り越え、現代に至っている。本作は川端康成、太宰治、坂口安吾など、近代文学の流れを作った10人の文豪によるエロティカル小説集。少女愛、フェティシズム、人妻、同性愛、スカトロジーなど多彩な作品をラインナップ。視覚を重んじる現代エロスとは異なり、五感すべてを刺激する名作集だ!!
アマゾンはこちら⇒https://www.amazon.co.jp/dp/4408553808/

 

IPUSIRONさん

地方在住のIPUSIRONさんに「ついででいいから」と頼まれて、池袋ジュンク堂の新刊フェアの様子を撮影してきました。彼にとっては初の他社さんからの出版です(たぶん)。
到着して驚いた。書棚3つ使ってフェアをやってました。IPUSIRONさんの推薦図書が、彼の新刊と一緒に一つ一つコメント付きで面陳&平積みされています。すごーい! おめでとう!!!
Amazonでもだいぶ評判がよろしいようです。IT関係の方は是非お買い求め下さい。あるいは図書館に入れてもらって下さい。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798148814/



そして推薦図書の中に「日本語の作文技術(本多勝一著)」が入っていて、とても嬉しかった。IPUSIRON氏が覚えているかどうかわかりませんが、この本は、だいぶ前に私が彼に推薦したものなのです。実は二人とも悪文家で、助詞の使い方叙述の順番語順などがよろしくありませんでした。エネルギーの半分以上を費やしてきちんとした日本語を書こうとしている(た)のです。本多勝一の本は正しい(つまり万人にとって読みやすい)日本語を学ぶ良書だと思います。

このあと三省堂書店池袋店でも新刊フェアをするみたいです。時間があったらまた写真を撮ってきます。


カウンタ―脇でエスカレーター脇だし、目立ってました。場所はコンピュータ関連書籍売り場です。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne