忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[06/14 響由布子]
[06/14 DSK]
[05/31 響由布子]
[05/31 しょっぱめの猫]
[04/29 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

風邪と復興大臣

昨日は珍しく体調が悪くて起き上がれず。
微熱と腹痛、手術の傷跡の痛み、むくみ、悪寒、等々。
自分が寒いのか暑いのか分からないという事がこんなにも不快だったとは。
何を着ても脱いでも不快。寒いような暑いような不思議な感じ。
今日もまだ気持ち悪い。微熱はないけれど、吐き気はおさまらず。

今村復興大臣が「東北で良かった(首都圏だったら被害甚大だった)」などと言って辞任したらしいです。
こういう発言がなぜひんしゅくを買うのか多分彼や他の自民党議員には分からないと思う。
この発言この考え方は、「どこに原発をつくろうか」という部分に直結する。何かあった時に被害が少なそうな場所、あまり抗議しなさそうな疲弊した地域を選んで、「東京の電力を賄うためにあそこに作ればいいや、カネで黙らせとけばいいじゃん。何かあっても被害甚大じゃないし」って。そう考えて福島に原発を作ったのが丸わかりなんだもん。
だから人々が怒るわけで、決して経済コスト云々とか失言とかじゃないと思うんだ。
PR

約1年半前の原稿

思い立って1年半前に書いた歴史もの公募原稿(短編)を読み返してみたらまあ酷いこと酷いこと。愕然としました。あの時は脱稿直後に「私凄い! 達成感!」って思って自信作だったはずなのですが、今見ると何が書いてあるのか分からないレベルでひどい。電波ゆんゆんという感じで文字から脳の病気が移りそうなレベルで酷い。

ただ、嬉しくなりました。それが分かるようになったというのは私が成長しているのだと。そして、どこをどう直せばマシになるかも瞬時にわかるようになっていました。

逆に言えば、たった50枚に収まりきらないくらいの伝えたい事があるからこういう風になってしまうんだなと。初めて書いてそつなく書けたら伸びしろないよね。
という事でがんばろー。

東京競馬場

昨日は総勢4人で東京競馬場に遊びに行って馬券を買った。4人中2人が初体験だった。
サロンみたいなところでくつろぎながら、時々テラスに出て馬場を見たり、馬券買ったり、なかなか面白かった。
第10レースで「ヨシオ」という馬が見た目良さそうで名前も印象に残ったのでそれに単勝かけたら大外れ。次の第11レースでは「モヅカッチャン」「かっちゃん」という名前と見た目にひかれたがついさっき大外れだったからと単勝も複勝も買わないでおいた。ヨシオがダメならカッチャンもあかんやろうと。


そ・し・た・ら。


まさかのモヅカッチャン優勝でした。

でも儲けたすったという事より、あーでもないこーでもないぎゃあぎゃあ言いながらパドック見てマークシート付けてる時が一番楽しいですね(^◇^)あとみんなで馬券握りしめてレースを見守ってるとき。

総会

今日は某歴史研究会の総会に出席してきました。
メンバーは定年退職後の老人ばかりなのですが、皆さんきびきびと総会運営をされていて、なんだか久しぶりに。自分がいかにダメ人間で社会不適合なのかを確認してしまいました。

思い出したのは原宏の長編で、定年後のサラリーマンが会社ごっこを始めてみたら、みんな貧乏性のモーレツサラリーマンだったころを思い出してしまって当時の通りに働いてしまい、結果、一大企業にまで育ってしまった話です。本当にそんな感じ。仕切りといいスマートな提案スタイルといい、問題点の整理とソリューションの提示といい、まるで企業の会議室にお邪魔してるみたいでした。楽しかったです。

特選小説6月号

明日発売の「特選小説」に短編を出稿しました。
書店で見かけたら是非手に取ってみて下さい。
そしてそのままレジへ⇒⇒⇒⇒⇒ありがとうございます☆
ここ数年、短編に対する苦手意識がなかなか払拭できないでいます。
色々試行錯誤した中で今回の話は今までとちょっと違うテイストではないかなと自分では思っているのですが……。
人生、修行ですね。終わりの無い修行。

https://www.amazon.co.jp/dp/B06XBYM1NV/


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne