忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[09/08 響由布子]
[09/08 しょっぱめの猫]
[08/29 響由布子]
[08/29 くまぷぅ]
[08/12 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

ケニアの大統領

■この人興味深いなあと思ったのでリンク保存。
■英語なので私は正確に聞き取れているとは思ってないですが、西側(白人)にLGBTに対する差別をやめないと世界の仲間入りできないわよと言われ「だが断る」「余計なお世話だ」「我々には我々のカルチャー(同性愛を嫌う文化)がある」「嫌ならアフリカに住まなければいい」と突っぱねる動画です。
■彼の名前はウフル・ケニャッタ。彼の親父は初代のケニア大統領で本人は選挙に対する不正やらなにやらで出廷したり辞任したりもしている一方、一部の間で「彼はアフリカ全土を統一する王になるのでは」と言われているらしい。もちろん一部と言っても10人20人という規模じゃないです……。
■彼を見ていると、誇り高いアフリカ人というものが理解できた気がするのです。
■ちなみにアフリカ諸国では同性愛は死刑だったり投獄されたり、です。ケニャッタ大統領は「それが我々の(選んだ)社会(共同体)だ。それが嫌な人は違う国に住めばいい」と言っています。
■別の動画で彼は自分の事を「public servant (公務員、公の下僕という意味合い)」と堂々と明言していて、それも印象に残りました。

PR

青面金剛の謎(庚申塔の金剛です)

このサイトは少しずつ読んでいくつもりなのでここにURLメモしておきます。
青面金剛の進化論

糞尿は笑いの仕掛け

「ラブレーのスカトロジー:糞尿は笑いの仕掛け」(筆者:壺齋散人)より転載保存
なるほどなぁ、勉強になります。
明らかに転載の範疇を超えちゃっているのですが、もったいなくて途中で切れないよ……済みません。

-----

「ラブレーのスカトロジー:糞尿は笑いの仕掛け」


フランソア・ラブレーの作品には、糞尿のイメージがいたるところにあふれている。ラブレーの作品を糞尿(スカトロジー)の文学とする見方も成り立ちうるほどである。


ラブレーにとって糞尿とは、人びとを開放的な気分にする陽気な物質である。それは上と下、聖なるものと矮小なもの、王と民衆との間にある垣根を取り払い、ゴタマゼすることによって笑いを呼び起こす。王も又民衆同様糞尿は垂れるものだし、淑女といえども例外ではないのだ。


カーニバル的な祝祭の笑いを追及したラブレーにとって、糞尿はまさに笑いの仕掛けの鍵ともなっていたのである。


近代の文化において、糞尿は人前から隠されるべきものであり、それに言及することは無作法のなかでも最も許しがたいものになってしまった。だがラブレーの生きたルネッサンスの時代にあっては、糞尿は毎日の生活のリズムの中で、人間が営むところの欠かせない生理現象の結果であったし、無視することなど考えられもしなかった。


糞尿は肉体から排出されたものではあるが、完全に無縁になったものではなく、肉体の面影をとどめているものである。また、肉体から分かれたという点では、生まれたばかりの子どもと共通するものでもある。だから、糞尿は人間にとってはなじみ深く、時には自分たちの肉体の一部のように扱われもした。


そうはいっても、糞尿はポジティブには受け取られない側面も有している。自分が生んだものとはいえ、いつまでも大事に保存されるべきものではなく、いづれは始末されるべきものであった。


ラブレーがとりあげたのは、糞尿のもつこのような両面価値的な性格だったのである。
(続きはリンク先にて)


http://poesie.hix05.com/Rabelais/05scatrogy.html


水の街浦和

浦和市内の水路について書かれた興味深いブログです。(天王川、藤右衛門川など)
先日史跡探訪で水路に沿って歩いた利したので余計に面白いです。
なお、牛頭天王社は王子信金前ではなく浦和高校の敷地内にあったらしいですよ……。

http://wanjin.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
http://wanjin.blog.fc2.com/blog-entry-92.html


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne