忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[08/20 響由布子]
[08/20 しょっぱめの猫]
[08/13 響由布子]
[08/13 しょっぱめの猫]
[08/06 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

父ちゃん…頑張れ

落ち着いてご覧ください by 橋口忠司氏(リンク先はツイッターです)

https://twitter.com/PSSYSreGFD1cHpf/status/692701344084336640
PR

ラカン

「小学生でもわかるラカン」とか「漫画で分かるラカン」とかで検索していて見つけたサイトが、その昔インターネットを始めたばかりの頃にメルマガを取って熟読していたお方のサイトだった。

久しぶりに拝読いたしましたが、言語による伝達能力の高さは相変わらずで、ひじょうに懐かしく思いました。
当時は「私もこんな文章が書きたい!」なーんて思っていたのでした。
無理目な野望もいいとこですね。
というわけでリンク保存。
永井俊哉ドットコム(ラカン)

それにしても、ラカンはフランス人だったので、ちょっと興味が減ったかも。
私はフランスという国があまり好きでは無いのです。「シャルリ・エブド」の表紙みたいな絵を風刺ともてはやす社会は嫌いです。ラカンだって、文明国の人間以外は人間じゃないと思ってるように読めなくもないです(鏡の無い地域や水鏡すらない地域の人間については言及してないっぽい?)。ルメートルとピエール・プロブスト(「カロリーヌの冒険」の作者)は確かに面白かったけど、それ以外のおフランスはもういいかなぁ……という……気が……しまふ。
本音の本音を言えば、ソーカル事件でラカンも批判されたと別場所で読んで納得してしまった(;´Д`)

福生顔剥ぎオカマ事件(保存用)

ネットで拾った情報なので真偽は分からないですが
ネタメモ的に保存… facebookの情報から辿っているみたい。
顔剥ぎした犯人のブログと言われているもの
http://ameblo.jp/hana1987hana/

そこから取ったと思しき画像

-----

http://iand2ch.net/test/read.cgi/okama/1355181924/

0027 ストップ!!名無しくん! 2012/12/12 12:41:32
左腕に紫色の牡丹と、星の刺青入れてる汚釜には、注意しろよ!
AIDSなのにサイトで、ウリしてるから
使う名前は、はな・まな・あい・まき等色々

上記の名前で判る奴は、検査した方が良いぞ!
ID:xiHvFT1tO(1)


ID:AFtq1gBZ0(1)
0031 ストップ!!名無しくん! 2012/12/12 18:40:16
>>27××花だろ(×は私が伏字)
マジで病院での目撃報告も出てるから注意した方がいい

-----

http://n2ch.net/r/-/okama/1242099688/?q=%89%D4&guid=ON
876: 11/15(日)01:56 ID:ZwDKYpphO携(1) AAS
ここで話題になってた花って人
顔そぎ殺人の被害者の養子になってる


ホモ・ナレディ

リンク保存
人類の謎を解明するうえで凄い大発見かもしれない。(まだ分からないけど)
ホモ・ナレディ発見

South African Cave Yields Strange Bones of Early Human-Like Species

地下四十メートル以上の洞窟の奥で猿人らしき骨が発見された。これらの遺体は埋葬の可能性があって、しかもまだ一平方メートルを発掘しただけで、今後千体以上の骨が出てくる可能性があるとか。(数百年分の埋葬遺体ではないかという推測?)
ホモ属に属させる条件の一つに埋葬文化や火など道具の使用があげられるけれど、脳みそがオレンジ大くらいの猿に近い(けれど直立歩行だったらしい、上半身サル、下半身ヒトみたいな)ホモ・ナレディの出現で、その定義も再検討される可能性があるかもしれないというニュースも見ました。ホモ・ナレディは仮にヒト属として分類しているそうです。



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne