忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[11/26 響由布子]
[11/26 響由布子]
[11/26 しょっぱめの猫]
[11/26 しょっぱめの猫]
[10/31 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

Σ(^◇^;)

■昨日は文筆女子の忘年会があって新宿三丁目「どん底」に行ってきたんです。
■店内は暗く、トイレは男女別ながら1つずつしかなく、尿意をもよおしたワタクシは並ばざるを得なかったんです私の前に先客が2名いて。
■しばらくして私の後ろに20代酔っ払い女子が並びました。
■店内薄暗かったせいがあると思うんですが彼女がいきなり話しかけてきました。
「そっちも忘年会?」
(Σ(・ω・ノ)ノ!いきなりタメ口かい)
「う、うん。女友達とね」
「あたしも忘年会なんだけどぉ、すげーやんなっちゃう。30過ぎのババアが意地悪するんだよね。あたしの事無視してさあ。軽く見てるんだよ。お局って何でみんなああなるのかな」
(えっ、同意求めてんの? Σ(・ω・ノ)ノ!)
「ほんとだよねー。意地悪ババアってさいて―だよ。場ぁ見ろっての」
「ねー」

■というわけでどう考えても彼女は私を同年代と間違えたのであると!
■声を大にして言いたいわけなのです!!
■という話を旦那にしたところ!!!
■「とにかくおちつけ」との事で!!!!
■たった今やっとハイテンションから落ち着きました!!!!!

【追記】
という話をfacebookに出したら色々な人から色々なツッコミがあったわけなのですが、ここはひとつ素直に喜んでおきます~~。素直が一番!
PR

おしゃれなレシピ

■スーパーマーケットに行くと入り口に無料レシピカードが置いてあるんですがご存知ですか?
■私は気に入った物だけ持ち帰るのですが、生協のが一番役立ちます。
■つい最近、久しぶりに「クイーンズ伊勢丹」に行ったのですが、そこにもレシピカードが置いてあって、ネタとして面白いので持ち帰ってきました。
■生協やマルエツとは全然違うんですレシピが。ぶりなんて、「プロヴァンス風塩焼き」になっちゃうし、イカなんて「かぼちゃとイカのマリネ・ミント風味」になっちゃう。トンカツ用ロース切り身なんて「豚肉とりんごのメープルマスタードソース」になっちゃうんですよ奥さま。
■唯一これは私でも行けるかなと思った「鶏肉とさつまいものポットロースト・ローズマリー風味」
・鶏もも肉……ある
・さつまいも……ある
・ニンニク……ある
・はちみつ、塩、胡椒、オリーブ油……ある
・マッシュルーム……たまたまある
・ローズマリー……庭に生えてる
■「これはもう作るしかない」と思うじゃないですか。そしたら最後に罠が。「オーブンに鍋ごといれて30分焼く」←←←入れても大丈夫な鍋が無い!!! 取っ手がプラスチックだし!!!

■なお、ぶりのプロヴァンス風もおいしそうです。(ぶりが無かったので出来なかった)
・ぶり2切れ
・塩 小さじ1/4
・ドライタイム、オレガノ、ローズマリーなどのハーブ類 小さじ1/2
・オリーブオイル 1/2
・ゆず 1/2個
・ベビーリーフ 飾り用なのでなくてもいい
作り方
1)ぶりは一切れを半分に切り分け、塩とハーブをまぶしてグリルコンロで8分焼く。
2)器にぶりとベビーリーフを盛りつけ、ゆずは皮を薄くむき千切りにし、果汁を絞る。
3)この果汁をオリーブオイルと共にぶりに掛け、柚子皮をちらす。
※ワインが欲しくなりますね。
※※プロヴァンス料理はハーブをたくさん使うのが特徴なのだそうです。

ハオルチア

画像は二年目のハオルチアオブツーサ。4鉢買って今残っているのは3鉢です。この品種は育つのが遅く、大株になると数百万で取引されるとのことで、安い小さい苗を買いました(爆)
胡蝶蘭と同じカテゴリ(弱い日光と夜にたっぷり霧吹き&時たまに灌水、保温)にしてあげた途端、ぷっくぷくに膨らんで来た。生き生きしてる。
そうか! この環境が良かったのか! サボテンのくせに、今までの直射日光は過酷だったんだね……。(んなわけないとは思うけど……日光は大好きなはず)

続・寛容と非寛容

※ちょうどいい記事があったのでご紹介します。

松山 大耕:宗教の寛容性を今一度見直すべき理由

https://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20160729-00000000-ted
より部分転載。

ーーーー
(転載開始)
私は今から35年前、ここ京都のお寺で生まれました。お寺の子供として育ちましたけれども中学校・高校はカトリックの学校に行っておりました(笑)。お寺に生まれながらにしてキリスト教の教育を受ける。


これは非常に珍しいことではありますけれども、家族それから親族友達を含め皆暖かく見守ってくれました。大学時代に私アイルランドに行ったことがありました。アイルランドはご存知の通り敬虔なカトリックの国ですけれども、そこのある田舎のB&Bに行った時に女将さんに私の生い立ちを説明しました。


すると女将さんは急に顔色を変えて次のように言いました。「あなたの国では何でそんなことができるの?アイルランドでそんなことをやったらあなた殺されても文句を言えないわよ」とこういう風に言われてしまいました。
(転載終わり)
ーーーー

これが正しいカソリック(キリスト教)なんです。
これ以外は金儲けのための迎合なんです本当は。
トランプはカソリックの人たちに支持されているんです(実は)。

ーーーー
(転載開始)
日本人の宗教観というのはBelieveinsomething(何かを信じる)ではなくてRespectforsomething(何かを敬う)もしくはRespectforothers(他者を敬う)こういうスタイルが日本人の宗教観です。


ですから日本では色んな宗教を信じている方がいらっしゃいますが、お互いに尊重しておりますし、実は私がいるこの妙心寺でもお寺ですけれども神社の神様にお経をあげる機会も結構あります。


そしてお寺の中に神社がある所も沢山あります。ですから日本の仏教というのは非常に特異な形をとっています。例外はありますけれども日本のお坊さんは妻帯を許されていますし、修行中はお肉・お魚を慎んで精進料理をいただきますが、修行が終わってしまえば特別厳しい戒律はありません。


しかしこの日本では物を残すもしくは無駄にする、こういったことは非常に敬遠されます。もしこの仏教発祥の地であるインドの方が日本の仏教をご覧になったら「これは仏教ではないんじゃないか」とおっしゃるかもしれません。


インドそれから東南アジアを中心として信仰されている上座部仏教では戒律の遵守、それから教程の学習、瞑想の修行こういったことを目的とされています。しかしここ日本の仏教は先祖供養そして普段の生活の中での礼節を敬うこういったことを重視しています。


じゃあ、もし私たちが今まで1500年以上かけて築いてきたこのスタイルこれを「仏教でない」というんだったらどう呼んだらいいんでしょうか?やはりこれはどうしても「日本の仏教」と言うしかないと思います。
(転載終わり)
ーーーー

垣根涼介は「愚息」という破戒僧?に語らせることで日本独自の宗教観をうまく表現していたように感じました。日本の仏教は儒教の影響、もっと正確に言えば朱子学の影響がとても強いのです。
逆に言えば、垣根氏がなぜ儒教について全然触れていなかったのか、そこが非常に気になります。

自分が古代史からおさらいをしてみて思ったのは、日本列島というのは潮流からして色々な方角から色々流れ着くように出来ているんだなと。つまりそれは移民OK社会でありまれ人信仰でもあるのです。欧州に出来なかった移民政策も、日本ならすんなりいく素地があるのではないかと思います。しかし哀しい事にそれは移民に国を乗っ取られる事かもしれない。桓武天皇……


※なんだか偉そうですみませんが、個人ブログなので好きに書かせて下さい。
 宜しくお願い致します。

近況

短編プロットを送信しました。
来年の例の官能文芸雑誌用です。
発売日近くなったらここで告知しますので、
良かったらお手に取ってみてください。
そしてそのままレジへ⇒⇒⇒ありがとうございました!(チン)


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne