忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[04/29 響由布子]
[04/29 響由布子]
[04/29 しょっぱめの猫]
[04/29 しょっぱめの猫]
[04/20 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

■爆サイなどのネットの闇について解説する

■爆サイなどのネットの闇について解説する


http://anond.hatelabo.jp/20170324214002
朝起きたら爆サイが増田で話題になってた。
はてなーは圧倒的に爆サイを知らない人が多いみたいだが、それも当然だ。
はてなーは昔からパソコンでネットをしているので、パソコン向けサイトしか知らない訳で、
ガラケー文化の延長である爆サイは知るよしはない。

爆サイに書きこむような人種は、主にパソコンを持たない貧困層である。
ネットと繋がる手段が携帯しかないので、パソコン向けサイトとは隔離されたところでそういった貧困層だけが見る独自の携帯サイトが確立されてきた。
そういった貧困層だけが見る携帯サイトはi-modeが普及しだした時代からあって、
ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア携帯でないと閲覧できないサイトばかりだった。
PCから開くとはじかれて閲覧できない仕様なので、主にパソコンでネットする人には今まで見つからなかっただけだ。

ガラケー時代に最も人気だった掲示板が「ホストラブ」だ。
もとは風俗嬢やホストなどの水商売の人が書き込んだり、風俗の利用客が情報共有する掲示板であったが
水商売の臭いがするのと、携帯でしか閲覧できない仕様がウケたのか
パソコンを持たない貧困層が続々と来るようになった。
そんな貧困層の話題といえば、風俗、出会い系サイト、ヤクザ、生活保護、パチンコ、不倫、野外セックスのことばかり。
いつしか田舎者の貧乏臭い話をする掲示板になっていった。
バカな貧困層しかいないので、たとえば「駅前にあるダイソーの○○店で働いてる増田って女はすぐやらせる。電話番号は090…」といった便所の落書きのような個人情報丸出しの誹謗中傷がやたらと書かれる。
よく2ちゃんねるが便所の落書きと称されるが、昔便所に落書きしてたような奴は携帯を手に入れてからは、2ちゃんねるなんか知らないまま、こういう携帯専用掲示板に書きこむようになったのだ。

また、キャバ嬢やホストに憧れる田舎の中学生、高校生にも見つかり
ホストラブは一時期学校裏サイトのようにもなった。
「○○高校3年2組スレ」のようなタイトルのスレが大量に作られ、「明日から増田をいじめようぜ」のような書き込みで埋まっていた。
ホストラブが学校裏サイト化して、各学校や教育委員会からのクレームが大量に来てしまったので、そういった未成年の書き込みを一掃して、以後はそういうスレを立てられてもすぐに削除するようになった。
また、個人情報丸出しの誹謗中傷についても裁判が相次いだらしく、ホストラブにそういった書き込みは見られなくなった。
今では純粋に元の風俗情報共有掲示板に戻った。
そうなると、携帯専用掲示板に便所の落書きをしていた連中の受け皿となったのが今回話題になった爆サイだ。

ガラケーからスマホになっただけで、爆サイに書きこむ連中はパソコンを持たない。
なので、パソコンのネット文化とは隔離された場所で携帯専用のネット文化が形成され、それがガラケー時代から今も続いているだけだ。
田舎者しかいないように感じるが、東京にだってパソコンを持たずにネットする手段はスマホしかないという貧困層はたくさんいる。
日本中どの地域にも爆サイ書き込み野郎はいるのだ。

また、おれは北海道に住んでいるのだが
、地元ではこういった携帯専用掲示板から派生した出会い系サイト情報共有サイトがあり、
そこでは男どもが出会い系で知り合った女の本名、住所、電話番号、顔写真、車のナンバー、免許証の写真、女の裸の写真やハメ撮り動画などを丸々アップした上で「この女はセックス下手だし性病でブス」などと誹謗中傷が書かれている。
正直こんなサイトを作ろうものなら即逮捕されそうなものだが、URLを次々変えながら今も10年以上続いている。
ここも携帯じゃないと閲覧できない仕様だ。
2ちゃんねるなどでここに個人情報を晒された女が被害を訴えているが、誰にも相手にされていないようだ。

警察は動かないのだろうか?
また、近年はPSPや3DSといったゲーム機がネット接続可能になってからは、
パソコンサイト、携帯サイトとは別に
「3DS専用サイト」といった文化も登場した。
パソコンもスマホも自由に使えない小学生、中学生が中心に書き込まれており、
3DSの「フレンドコード」を交換し、チャットソフトを用いてスマホのLINEのように使っており、小学生中学生向けの出会い系サイトのようになっている。
また、「鍵付き掲示板」というパスワードが無いと閲覧できない掲示板を作り、そこではパスワードを知らされた小学生中学生が3DSやPSPで撮影した自分の裸の写真をアップロードしている。
3DS掲示板を覗けば、そういった子供たちが「鍵で見せ合いしましょう。くぱぁしてくれると嬉しいです」などと小学生が書き込みしており、
鍵つきのスレは何百と書き込みがある。

おれは以前から増田でこのような闇について解説してきたが、
「そんなこと現代であるわけがない」と言われ続けてきた。
同じネットでも、パソコン、携帯、ゲーム機と使うものが違えば
それぞれに特化した独自の文化圏が形成される。


(追記)
ブコメで「IT関連にお勤めの方は、言わないだけで知ってるのではないか」とあったが、まさにその通り。
知人にIT関連の人がいるが、爆サイを知らない人はいないと言う。
IT系の人は、書き込みこそしないがキャバクラや風俗の情報集めに読むことはあるそう。
また、おれ自信はこの増田の最後に書いた違法性丸出しのサイトを
警察・児童ポルノホットライン・教育委員会・人権団体・インターネットホットラインセンターなど各通報機関に情報提供しているが、何もないまま今ものうのうと運営され続けている。
通報しても「関係各所にお知らせします」と言われるだけ。
人権団体は「寄付をお願いします」と口座番号を知らせてきただけだった。
けっこう被害にあっている人は多い割りに、スルーされがちですね。
(追記終)
--------
そんなサイト、全然知らなかった(; ・`д・´)
PR

近況

■いよいよ園芸シーズン到来ですね。薔薇の新芽が柔らかく美しく展開しておりますが、本日さっそくアブラムシがたかっているのを見つけてしまいました。油断もすきもありません。明日殺虫剤を買いに走らないと。
■昨日は大宮氷川神社にfacebookイベントの下見に行ってきました。そこでちょっと不思議な体験をしました。氷川の杜の古代の神様が、ここのところよく勉強している私にご褒美をくださったとしか思えない……。
■何年か前に氷川神社から縄文時代の祭祀の跡が出てきたそうで、古代信仰は巨木・巨石・湧き水などが依り代だったのだそうです。氷川の杜には湧き水があったのです。その湧き水を見る事が出来ました。よく行く人であればあるほど見逃してしまいそうなところにあるのですが、何かに呼ばれてそちらに行けました。ほんとびっくり(^◇^)


社史の図書館!?

古書業界では馴染みのある社史も、社員や関係者への配布がほとんどの非売品なので、世間的に認知されているとは言い難い。その社史を約1万8千冊コレクションしている公共図書館があるのは意外かもしれない。くわえて、司書の仕事は外から見てわかりやすいとはいえず、その中でもかなり特殊な取り組みをしてきた。このような「社史」と「公共図書館」と「司書」が融合してどうなったか。本書は神奈川県立川崎図書館の社史室における5年間の実践を記した一冊、もちろん実話である。ニッチなテーマの集合であるが、図書館に勤めているかのような感覚で、楽しく読みすすめられるように書いた。

https://www.kosho.or.jp/wppost/plg_WpPost_post.php?postid=3203

なんとマニアックな……蔵書18000冊というのも驚きです。

武蔵の古代史

【武蔵の古代史 森田悌著 さきたま出版会】からの写し(自分が気になった処)

(中略)郡司大領に授けられる位階が外従八位上であるから、正六位上は地方出身者としてはざらにない昇進であり、外従五位下昇叙は最末とはいえ、三位以上の上級貴族を指す貴(き)に準ずる通貴(つうき)と称される五位以上の身分になる事であり、位禄や位田(いでん)、資人(しじん)の賜給に与かり、子孫は蔭位(おんい)の特典に浴することのできるエリートである。武蔵国ではⅡの二の2「高麗・新羅郡の健郡」でとりあげる高麗郡に関わる高麗朝臣の氏人のなかに中央官人として高位高官に達している例があるが、これは渡来系入植者という特殊な人たちで、生え抜きの在地豪族とは異なる。天平宝字八年(764)段階において外従五位下に至っている在地系武蔵国人となると、丈部不破麻呂が唯一人と言ってよいであろう。 (p110-111)
---
 ここで、丈部直・武蔵宿禰が奉斎したとされる、さいたま市大宮区高鼻町鎮座の延喜式内氷川神社についてみると、天平神護二年(766)、七月に神封(しんぷ)三戸が寄進されるという優遇を受けており、丈部直の急速な浮揚期と時期を同じくし、丈部直と密接した神社であることを示している。
 この神社の祭神は近世以降出雲系の素戔嗚尊・奇稲田姫・大己貴神からなる三神とされているが、中世以前にあっては火神カグツチを祭神とし、氷川神社の最重要祭礼である十二月の大湯祭(だいとうさい)は元来は火剣祭を称し、火渡りをともなう火祭りであった。カグツチは出生時に母神イザナミノミコトを焦殺し、怒った父イザナギノミコトにより斬断されるという異様な伝承の持ち主であるが、火徳に注目すると製鉄や鍛冶の場で不可欠な神霊であり、私は氷川神社が見沼に流れ込む水量豊富な泉流、氷川に由来するにしても、火神を祀る神社として発展し、製鉄・鍛冶に関係する人たちが関与した神社であったとみることができるように思うのである。氷川のヒは茨城県水戸市に近い涸沼(ひぬま)のヒと同じで水量が豊富な事を意味し、氷川神社を出雲大社・杵築大社を勧請したとする所見が依拠とする、氷川を出雲の揖斐川に結び付ける理解は、氷川のヒが甲類なのに対し、揖斐川のヒは乙類なので支持しがたい、といわざるを得ない。(同本のp115)
-----
これは私の要約(p114)
・氷川神社北東の伊奈にはさながらコンビナートのような大規模な製鉄場が存在した(発掘された)
・原材料は元荒川の豊富な水量と大量の砂鉄
・コンビナートで製鉄がなされたのが八世紀後葉、ちょうど丈部直の急速な浮揚と時期が符合する

海から見た衣と装いの文化

【要約】 自分にとって面白かった部分のみです。他の本からの情報も混ぜてたメモですので正確さを求める人は下記の本をぜひどうぞ。
(「古代日本海域の謎 海からみた衣と装いの文化」新人物往来視野より)
-----
・魚皮をなめして着る文化はおおむね北緯40度~60度の間の水際に見られる
・特殊な技法を使わないと魚皮を実用的になめすことが出来ない
・魚皮のなめし加工には魚卵か動物の脳髄が使われる
・日本の奈良時代の記録の中に、病気で死んだ牛馬の脳髄を取り分けて献上させる記述があって、これがひょっとしたら魚皮なめし加工のためのものかもしれない。実際に地方の遺跡の中から脳髄をわざわざ取り出したと思われる牛が見つかっている。
・考古学上において「ない」という事は「なかった」を意味しない
・随分前に遺跡内の植物の遺物を植物学者に鑑定依頼したら、単なる枝だと思っていたのが「これは立派な加工物、道具です」と言われたことがあった。それまで道具の遺物といえば石器・土器を意味していてそれ以外のものは考えてなかった=考古学上「ない」。
・ところが新たな気づきで「あった」になった。⇒「ない」は「無かった」とイコールではない。
・つまり魚皮文化が日本に根付いていたかどうかはまだ正確には分からない。今まで「魚皮」を視野に入れて発掘調査をしてきてなかったので見落としているかもしれない。
・(脳髄をわざわざ取り分ける理由としては有力かなと←なめし技術の到来)
・魚皮は軽くて風を通さず天然の防水加工なので表地としても裏地としても非常に良いそうです。
・シベリア・アムール川流域から出土した新石器時代の土器が縄文時代早期の土器と非常によく似ている(絡条体圧痕文)
・ソビエトの学者が来日した折に持ってきた40点ほどの石器(黒曜石)の原産地、2/3が日本だった。男鹿半島産、隠岐島産もあった。時期は旧石器時代終わり~新石器時代初めころ。
・大陸から文化が来ただけではなく日本からも文化が行ってる
・北海道(アイヌ)を中継地点に文化交流?
・新石器時代の日本で麻が出土したが大陸からきていてもおかしくない
・中国と日本では「錦」の意味が少し違う。日本はその色彩を表す言葉と考えられるのではないか。「丹(に)」「紫(し)」「黄(き)」秋の山の色。
【これは私の感想】
大昔の日本列島(日本海側)では男女の衣装が明らかに違っていた。シベリアなどでも男女の衣装が違っている。←これって男女によって寒さに強い、弱いの違いがあるからかもしれないと思った。それと行動様式の違いが衣装の違いに出てくる。
女の方が出産育児があるので皮下脂肪をため込みやすい=寒さに強い。また巣ごもりは女で外で食べ物取ってくるのが男という生活だと衣装を違わせないと合理的ではないのかなと。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne