忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[07/22 しょっぱめの猫]
[07/22 しょっぱめの猫]
[06/14 響由布子]
[06/14 DSK]
[05/31 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

ナニワイバラ

この時期はモッコウバラとナニワイバラがとても綺麗ですね。毎年わざわざ前を通って見に行くおうちがあるのですが、今年はちょっと時期を読みあやまってしまい、ナニワイバラの方は盛りを過ぎてしまっていました。

私はナニワイバラの花が特に好きです。さわやかで開放的なこの気候にぴったりの純白と黄色の丸、大輪で清楚でにぎやかで最高です!
PR

開花しました!

初めての胡蝶蘭冬越え、無事開花しました!
と言っても花弁が切れてしまった…… 左右の花弁が切れ目でかみ合ってしまって開花出来ないでいることに気づき、指でそっと開いたせいでやぶれちゃったんです。
でも偉い偉い、こんな試行錯誤中の環境でよく頑張った!
次の冬は冷蔵庫の上に置こうかなと思います。あそこは年中あったかいです。ただ、日照に問題があります。一日中人工の光にさらされるから、花芽が形成されない気がします。
でも次の冬はお花を付けないよう調整して一年間休んでもらっても良いかもしれない。良くない環境の中での花芽形成のために萎びてしまった葉っぱが痛々しいです。
それにしても我が家の胡蝶蘭は面白いです。真ん中の宇宙人が両手で頭を抱えながらひょろっとした両脚を広げてすってん転んでいるようにしか見えないです。



【追記】2輪目も開きました。2つ並ぶと胡蝶蘭”らしく”見えます。



【追記の追記】昨日の暑さのせいで一気に開きました。

胡蝶蘭が咲き始めた

■2016年の12月にいただいた胡蝶蘭3本のうちの1本が再び花芽を出してゆっくり開き始めました。でも見た感じがワイルドで、とてもあの真っ白で優美な胡蝶になるとは思えない(*_*)全体的に緑白色なんだなこれが。
■園芸をしていて思ったけど、モリモリ花が咲く雑な草と違って胡蝶蘭だの薔薇だのは一つ花芽を出すのにもの凄いエネルギーを使っているのね。我が家の場合、冬の環境が胡蝶蘭にとって良くない。でもこの環境しか提供できない。なので蘭の本体がちょっと疲弊していて、春になって花芽が伸びてきてから、株全体が衰退してしまう。エネルギーの蓄積が足りていないのだと思う。
■株を取るか花を取るか。どっちをとるか、毎日悩んでます。3本あるうちの、先日自分でポッキリ折ってしまったのもそのまんまにしてたら脇から新しい花芽が出てきてしまってまた衰弱しそう。これは花芽が再生しないよう根元から切って養生させるつもりです。
■でも他の2本は最後まで、無事花が咲くところまで見てみたい。でも今のスピードでは株の成長期(真夏)までに体制が整わない。成長期に花芽がついてたら多分そっちに栄養が行ってしまって株が弱ってしまう。どうしたらいいだろう。

坂本龍馬直柔命百五十年祭

昨日は縁あって「坂本龍馬直柔命百五十年祭」に参列させていただきました。
靖国神社の本殿に入ったのは初めてで、見るもの聞く事とても新鮮でした。
色々な人々と交流も出来てとても有意義な一日でした。
※領収書あり

風邪と復興大臣

昨日は珍しく体調が悪くて起き上がれず。
微熱と腹痛、手術の傷跡の痛み、むくみ、悪寒、等々。
自分が寒いのか暑いのか分からないという事がこんなにも不快だったとは。
何を着ても脱いでも不快。寒いような暑いような不思議な感じ。
今日もまだ気持ち悪い。微熱はないけれど、吐き気はおさまらず。

今村復興大臣が「東北で良かった(首都圏だったら被害甚大だった)」などと言って辞任したらしいです。
こういう発言がなぜひんしゅくを買うのか多分彼や他の自民党議員には分からないと思う。
この発言この考え方は、「どこに原発をつくろうか」という部分に直結する。何かあった時に被害が少なそうな場所、あまり抗議しなさそうな疲弊した地域を選んで、「東京の電力を賄うためにあそこに作ればいいや、カネで黙らせとけばいいじゃん。何かあっても被害甚大じゃないし」って。そう考えて福島に原発を作ったのが丸わかりなんだもん。
だから人々が怒るわけで、決して経済コスト云々とか失言とかじゃないと思うんだ。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne