忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[01/27 響由布子]
[01/27 しょっぱめの猫]
[01/21 響由布子]
[01/20 しょっぱめの猫]
[01/14 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15

洗濯物に埋もれる夢

一度に10名×数日分の着替えで脱いだものを洗濯する羽目になってしまい携帯で天気予報を開いてみたら今日から10日間雨、ガーン……というところで目が覚めました。ストレスフルな夢だ……
PR

土に点2

■先日書いた「土に点の文字の、点の位置によって土が違うという説には懐疑的」という話の続き。
■その説を説いた日本の氏姓研究第一人者と言われる丹羽基二先生の他のご著書を読んで面白かった事など。
■田んぼについて、美味しいコメが取れるのが自慢な地区は「飯田」、高台にあって日がよく当たり水はけがいい田んぼの地区は「高田」「上田」、低地にあってすぐに水が溜まって水に草が浮く田んぼの地区は「池田」もしくは「浮田(←この苗字の一族が増えすぎると区別のために宇喜多、宇喜田などの飾り苗字が派生する)」、こちらの方はとても納得しました。というのは大昔、良いコメが獲れるかどうかは多くの民の死活問題だったからです。社会の関心も高かった事でしょう。
■土器作りの土の様子がどうなのかについては、土器作る人以外にはどうでもいいし、もし本当に土の状態が気になるなら田んぼに対しての命名みたいにもっと違いのはっきり分かる苗字にするのではないかなと私は感じるのですが……。
■ただしこの件について自分は否定のための材料集めしているような気がしてます(自覚あり)。
■もう一つ面白い事が書いてありました。「村田」と「田村」の違いです。「田村」は良い田が出来る場所に人が集まって村が発生した事を表し、「村田」は村に(新たに)出来た田んぼの地区を言うのでは、という説です。「田村」の方が苗字としては古いというわけですね。
■飲み屋での与太話みたいに聞こえなくもないのですが、丹羽先生の凄いところは数多くの古文書をきちんと読み解いて推論しているところなのです。氏姓制度(年代別の違い等)と苗字と名字と屋号の違いなども言及されています。
■それにしても、インターネットやSNSが普及していなかった時代これだけの苗字を集めて話を聞き、分類することは大変な作業だっただろうと思いました。我々はとても良い時代に生きているのだなあと思うのです。

べっ甲製のバイク


べっ甲屋たがわ謹製。お値段なんと1080万! 精巧にできてます。

土に点

■先日、品川で史跡探訪してきたのですが、そこでこんなお墓を見ました(写真1)。
板垣退助の祖父のお墓(よそからこの場所に持ってきたもの)です。


墓石に刻まれた文字を見て「ン?」と思いました。
一番上に「圡州」と書いてあります。土州=土佐らしい。
でも何で「圡」? 隣の「州」の文字も???
■たまたま別場所で見つけて「土に点」の事が気になっていたところでした。またこの字を見つけたというので、これも何かの縁だろうと調べました。
■別場所で見つけたというのはこちら(写真2)です。これは奥多摩の奥氷川神社近くの豆腐店です。
■ちょうどこれを発見するに至る直前に、「土方歳三の苗字は実は土に点が付く」という記述を見つけたので気になって写真を撮りました。日野から奥多摩は山伝いで行き来がありそうです。親戚かなと。


■この「圡」については諸説あるようですが、面白かったのは土を使う職業の人(埴輪作り、食器作りなど)に使う文字で、しかも点の位置は土の状態を表すというものでした。点が上の方にあると●●な土、点が下の方につくと××な土、みたいに、土そのものの状態を表すのではないかという説です。(苗字研究第一人者の丹羽基二先生の説)
■しかし、私は懐疑的でした。いったい土の様子にいかほどの重要性があろうかと。殆どの人にとっては土が粘土だろうが赤かろうがあまり気にならないでしょう。また、いくら埴輪作る人であっても「絶対同じ土じゃなきゃ作りません!」というものでもないのでは。土のブレンドもするだろうし。
■さらに調べてみました。どうも「圡」も「土'」も古代中国の漢字のようです。現代の「土」は最終到達形としての正字、でも意味も読み方もこの三文字はまったく一緒なんですね。
(中国語辞典ではそのように登録されています)
■もし本当に土の様子で点の位置を変えていたくらい気にするなら、当然読み方も変えておかしくないんじゃないのかな。つまり読み方一緒=さしたる区別はない、と考えていいのでは。
■それぞれの家族が、バランスとか字画とかセンスで選んだ文字なのではないかなと。ただしこの文字を使った家は、古代中国の文字に造詣のあるお家柄という事で良いのではないかなと私は思いました。
■板垣退助祖父の墓の「州」という字も古代中国の字に似たのがありましたが、こちらは全く同じのはありませんでした。みんないい加減なんじゃないのかな。日本の宗教通史を知るとそう思えてくるんですけど……。
参考)
◆圡(異体字)
https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%9C%A1
◆(異体字)
https://ja.wiktionary.org/wiki/%F0%A1%88%BD
◆異體字「土」興「圡」的字義比較
http://chardb.iis.sinica.edu.tw/meancompare/571F/5721


緑色の菊

今年正月、茨城の一言主神社境内で買った小菊三種類のうちの一つが咲いた。
普段なら小菊なんて買わないのだが、手に入れた小菊三種類は全部変わり咲きで、是非ともほしかった。
ところが秋のはじめに咲いたのは変わり咲きでは無かった。どうやら芽継ぎしてあったらしく、本来の変わり咲き部分は枯れてしまって根っこ担当の野良小菊が根元からひこばえを出して咲いてしまったらしい。野良小菊なら散々咲かせてもう飽きてる。はびこり過ぎて他の植物に悪影響があるので引っこ抜いてしまったくらいだ。
しかし最後に咲いた緑のものはつつましやかで確かに神社で手に入れたのと同じ品種だった。
目の覚めるような緑色が美しい。来年も無事に咲きますように……。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne