忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[09/16 響由布子]
[09/16 響由布子]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/06 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14

膝子という地名

■膝子って変な地名ですよね。由来は何だろう。埼玉県には「水子」という地名もあります。由来は何なのか。子供に関係あるのかな。
■膝子の名前の由来には諸説あるようですが、一番有名なのが「膝子塚」があるから、というものです。膝子塚は近隣の農家の嫁が膝に似た子供を出産してしまい、驚いて埋めた場所、と言われています。
■この説に異を唱える学者さんが居ました。膝子は瓢(ひさご)の事で、長年掛けてひさご⇒ひざこに転じたのではという事でした。この膝子塚が前方後円墳の形をしていて、それがひさごに見えたのだろうというのが学者さんの意見です。
■私には、ひさご→ひざこは無理があるように思えました。
■膝子塚は私有地なので立ち入りは出来ません(やろうと思えばできるけど)
■私には膝子塚の荒れ具合がとても気になりました。草ぼうぼうで人が入れない=普段世話する人がいないんです。手前の祠も、この辺では珍しい汚れたしめ縄でした。見沼の人はいつもきれいなしめ縄をしているのにここだけちょっと残念なんですね。なんでかな。
■膝子塚の近くに膝子八幡神社があります。この神社の裏手は遺跡の発掘場として有名で、古代の丸木舟が大量に出土しました。当時三笠宮殿下が発掘に参加されたという事で一躍有名になったのだそうです。
■膝子は古代からの遺跡がたくさんあるところで、膝子八幡神社にも土器があちこちに落ちているのだそうです。(見てこなかった残念)
■膝子の地名由来ですが、実は東北には「脛子」という言葉がありまして、それは脛くらいの大きさの人たちと言う意味なのだそうです。スネコタンパコともいうそうです。
■私は地名由来としてはこっちの方が納得いきます。つまりここには体の小さい部族が住んでいたのだと。日本霊異記にも「矮子(小さい人)」が出て来るそうです。小さい部族の人たちが朝廷に仕え、氏族として氏姓をもらっているそうです。
■この人が朝廷に仕えたコビト族の始祖と言われています。
https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E5%AD%90%E9%83%A8%E6%A0%96%E8%BB%BD-1135393
■小さい人たちは鍛冶をつかさどるという故事もあったそうです。「雄略記」では雷の髪を捕まえてきたそうです。身体の小さな部族……そっちの方が可能性あるんではないかな。浦和美園から伊奈町にかけて、古代の製鉄跡地がたくさん出てきている事とも符合します。どうでしょうか。
■より正しい情報を探してきました。『日本霊異記』にコビト族の事が出ていて、「侏儒(しゅじゅ)」と言って並外れて小さい人たちが宮廷でお仕事をしていたそうです。魏志倭人伝にも侏儒と言う言葉が出て来るそうです。不思議ですね
■膝子八幡神社には立派なご神木があるのですが、しめ縄を張ってないんです。しめ縄の無いご神木は初めてです。ひょっとしたらこの辺りは神道を本気で信仰していないのかもしれません。神社とはまず寄り合い場所、みたいな感じ。
PR

ラーメン屋だけど業績を公開するよ

■ラーメン屋だけど業績を公開するよ


お店は開店して10年で人口約20万ほどの街の幹線道路沿いにあるよ。ちなみに隣りは政令市。8台停められる駐車場が店の前にある。
座敷、テーブル、カウンターで50席ほど。定休日は週一日有り。
メニューはラーメン以外は餃子、チャーハンといった定番のサイドメニュー。看板メニューの○○ラーメンがヒットしてくれました。
従業員は奥さんと正社員1名以外はアルバイト1、2名で回してる。

数字は全て直近のものだよ。細かい費用は載せないけどごめんね。
売上高    35,000千円
売上原価   10,920千円(原価率31.2%)
販管費    18,000千円
うち人件費  10,500千円(うち3,000千円は配偶者分)
うち地代家賃  2,880千円
差引利益    6,080千円
個人事業者なので利益が自分の取り分になるよ。

5年前は40,000千円以上売上があったけど看板メニューに目新しさが無くなり、新しいラーメン屋も近隣に増えてきて
売上高は徐々に下がってきてる。
客単価は学生が多いので1,000円には届かない。
これを見てこれから飲食を始めようと思う方は何かの参考にしてね。

追記
たくさんのブクマコメントありがとうございます。
個人事業主自体が馴染みが無いためか誤解されている方もいるようなので追記しますね。
利益=手取りではないです。
ここから社会保険料(国民健康保険、国民年金)、所得税、住民税を別途支払いますよ。社会保険料は所得控除になるけど、税金は経費にもなりません。
ざっと社会保険料が1,000千円、所得税と住民税が合わせて500千円くらい。社会保険料が多いのは世帯年収に係るからね。だから奥さんは
国保は払ってない。
あと小規模共済も月額7万円払ってるよ。これ所得控除になるから良いよね。奥さんも加入できるから今事業止めても一応10,000千円は退職金扱いとしてもらえる予定。
それでも世帯では月450千円程度の手取りになるよ。

客単価と売上でおよそ推測されてるけど座席数は正直持て余してるね。新しく開発が進んでる近隣地域に座席数を少なくして引っ越すことも検討してるけど家賃が高いし、ファミリー層を重視してきたことと合わない部分もあるんだよね...
個人事業主の特権というわけではないけど、車両に係る費用は事業から出してる。もちろん事業割合で按分してるけど。お昼ごはんもお店の食材を使うけどそれもちゃんと自家消費として計上してるよ。

-----

なにかに使えるかもしれないので保存しておこうっと。

本日のパワーワード


■パンティーの黄ばみはウンコではない

本気で勘違いしてるのか、冗談で言ってるのか分からないが、ネットで使用済み女性ショーツ(いわゆるパンティー)の汚れ、黄ばみをウンスジと呼んでるのを見た
世の女性の名誉のために言うが、あれはウンコではない(そりゃもちろん例外もあるだろうが9割方ウンコではない)
ウンコと思う方が興奮するスカトロ趣味の方は読まなくて良い
パンティーの汚れの正体、それは経血もしくは「おりもの」と呼ばれるものだ
茶色かったら経血、白~黄色かったらおりものである
生理ってのは、だいたい突然来るので、ナプキンをしてない時にドロッと流れ出て下着を汚してしまうということが多々ある
お気に入りの下着のときに限って汚してしまったりして、萎えるなんてことはあるあるだ
経血は結局のところ血なので、布に染みると洗ってもなかなか落ちない
男性諸氏も鼻血を洋服に垂らしてシミになったことくらいはあるだろう
あれと同じ感じで、下着に茶色いシミが残る
そして、白~黄色のシミ、それは「おりもの」が原因である
男性諸氏はご存知ないかもしれないが、女性は日常的にまんこからヌルヌルした液体が流れ出ている
当方処女なもので「愛液」ってのがどんなのかいまいち分からないが恐らく、見た目は同じである
違いはよく分からない、同じなのかもしれない
「おりもの」っていうのは透明~乳白色のヌルヌルした液体で、見た目は鼻水みたいな感じである
中学生くらいで初めておりものが出たとき、ちょうど花粉症で鼻水すすっていたので、「お母さ~ん、鼻水すすりすぎておしりから出てきちゃった~」と涙目で訴えた思い出がある
女性の私でも、実際に経験するまで、おりものの存在を知らなかったのである
この「おりもの」、対した害はないが、困るのは下着の汚れである
毎日、結構な量がでるので、可愛い下着を買ったところで、次の日には汚れてしまう
洗っても取れないのが悩みどころである
乾くとカピカピになってしまう
このおりものによる下着の汚れ防止のために「パンティーライナー」という薄めのナプキンみたいな商品があるが、毎日貼る手間や、コスト、蒸れによるかゆみ等の理由でほぼ使用していない
そんなこんなで新品の下着が黄ばんでいくことに一抹の悲しみを覚えながら、履き古していくのである
繰り返すがパンティーの黄ばみはウンコではない

-----

本日のパワーワードは表題ではなくてこれ↓↓↓

中学生くらいで初めておりものが出たとき、ちょうど花粉症で鼻水すすっていたので、「お母さ~ん、鼻水すすりすぎておしりから出てきちゃった~」と涙目で訴えた思い出がある

これを書いた人はおっさんではないかと言う意見がありました(そうかも)が、
そんなこたどうでもいいくらいの破壊力がありました!  のでコピペ保存。


辻真先先生

辻真先先生から恵贈いただきました! ありがとうございます!
85歳でなお本格ミステリを書き続けておられる先生は本当にすごいです。
あらすじ:明治天皇が北海道に行幸し義経号に乗車することに。だが、北海道大開拓使・黒田清隆に恨みをもつ幕府同心上りの屯田兵達が、お召し列車妨害を企てているとの情報があった。警視総監樺山は勝海舟の言を容れ、西南戦争で軍巧を上げた元新撰組の藤田五郎に探索方を依頼する。札幌入りした藤田は、不平屯田兵の妻が、黒田に乱暴された後に首吊り死体で発見された事件を探る。不穏な空気が高まる中、天皇行幸は間近に迫る。書下し長篇歴史冒険ミステリー。
※辻真先先生、平岩弓枝先生、野村敏雄先生、松岡弘一先生、皆小説道場でご指導を賜りました正真正銘の先生でございます。
アマゾンはこちら⇒https://www.amazon.co.jp/dp/4198943397/
 

予防線張っておこう

急に不安になる事があったので予防線を張っておきますが、
暗躍とか画策とかしてません。
調整がめんどくさいし、そんなエネルギーあったら小説作る方がいいです。
ご存知なように元々大雑把でがさつな性格なので、あっちとこっちで
違う事を言ってしまったらすぐに整合性が取れなくなります(頭パニック)。

遊びたい人が近寄ってきて、飽きたら遠ざかってくれればそれでいいです。
あと、聞かれた事に答える事はあります。自分が見たまま感じたままを言ってます。
でも嘘で誰かを操ったり、自分を等身大より大きく見せようとしたり、
そういうくだらなくてめんどくさい事はしません。
ああいうのって頭脳とエネルギーが必要なんです。そんな事に貴重なリソースを
使うなら小説上達に使いたいわww まじで。

下らない噂流すのやめてね。頼むよまじで。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne