忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[08/13 響由布子]
[08/13 しょっぱめの猫]
[08/06 響由布子]
[08/06 響由布子]
[08/06 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

猫また焼酎(千代むすび酒造)

古酒【猫また焼酎(千代むすび酒造)】というのを水割りで飲んでます。
くせがなくて美味しいです。でも焼酎に一家言ある九州男児Sさんだったら「女子供の酒じゃあ」とかいうかもしれないけど、私は美味しくいただきますよん。レロレロ。

猫また焼酎(リンク先は楽天ショップから適当に選んでみました)
PR

本格麦焼酎「ささいなた」

今日飲んだのは、本格麦焼酎「ささいなた」。
サッポロビールが作った首都圏限定販売の焼酎です。
あっさりとしてとろりとした口当たりで、癖も無くて美味しいです。
http://www.sapporobeer.jp/shochu/honkaku/sasainata/
焼酎苦手な人でも楽しめると思います。
ラベルが金のカエルでとても可愛らしいですね。

玄米小町(玄米の酒)


玄米小町【玄米の酒】小黒酒造
大吟醸とかでなく日本酒です。でも醸造アルコールは入っていません。

ん~。。。あちこち見ると絶賛が多い感じなんだけど、残念ながら私には合わなかった。勿体ない。色は薄く黄金色。味も濃厚、口当たりもとろりとしている。
けれども、私にはアルコール成分がツンときつく感じた。天然の成分の味であることは十分わかるんだけど、スプレー糊の「ハイキーピング」っぽい味がうっすらした。これは有機化合物?(もちろん天然)の味だと思うんだけど、この味が好みな人と駄目な人がいて、私は駄目な方だったというだけの話です。
ちなみに常温で飲みました。玄米のお酒は珍しいと思うので、この感想を読んで興味を持った方は是非トライしてみて下さい。味の好みが私と近いか遠いかが良くわかると思いますですハイ。

利き酒セット

Mちゃんとふらっと入った居酒屋で利き酒セットを頼んだ。
ここで初めて「獺祭」を飲みました。いやぁ、びっくりした。思ったよりずっと甘いんだけど、実に美味しい甘みなの。幸せ~な感じ。なんだろうね。ストレートなお米の甘みじゃなくて、もう一段洗練されている感じがした。

・獺祭 純米大吟醸(山口県旭酒造) 甘くて切ないお酒。人にたとえられない感じ。人外。
・まんさくの花(秋田県日の丸酒造) 一瞬水みたいだった。でも後口にちゃんとお酒の味と香りが来る。しっかり自己主張もするんだけどとてもさらりとして練れていてとっても素敵なお酒。藍川京先生を思い出した。
・手取り川 純米吟醸(石川県吉田酒造) なんかもう酔っ払ってよくわかんないけど酸味が強かった。もちろん美味しかった。酸味のあるお酒が好きな人にはいいかも。うちの裏の歯医者さんみたいなお酒です。

濃醇魚沼(白瀧酒造)

「熱燗◎」だったので買って来たのですが、常温で飲んでみたらそのままの方が私には合うんじゃないかなと思って、常温で飲んでます。
【濃醇・魚沼(白瀧酒造

とても濃厚な味で、舌に当たるアルコールの刺激も強め(な気がする)、なのに時折水を口に含んでいるような錯覚を・・・酔ってるのか?(笑)
酸っぱくない米酢(そんなものは無いけど)を飲んでいるような気がしないでもない。
ちょっと浮世離れしてる感じもします。
除夜の鐘を突くために寒い中並んでいる、その時に振舞って欲しい感じのお酒です。褌一丁で滝に打たれた後に振舞われたいようなお酒です。物語性のあるお酒ですね。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne