忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[04/29 響由布子]
[04/29 響由布子]
[04/29 しょっぱめの猫]
[04/29 しょっぱめの猫]
[04/20 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

地酒酒場@東京駅地下

【南(純米吟醸無濾過)】
岩清水みたいな酒。水を飲んでいるような後口で美味しい。ぜひとも旦那に飲ませたかったなぁ。
高知 南酒造場

【死神(純米)】
薄い褐色のお酒。甘くなくてアルコール度数の高い味醂を飲んでいるような……。
美味しいんだけど味が濃いのでこのお酒はつまみ無しで飲んだ方がいいと思った。
島根県 加茂福酒造

【鳳凰美田(無濾過だったかしら?)】
辛口ですっきりした後味のとても美味しいお酒。同行のMちゃんイチオシだった。
栃木県 小林酒造

【ワルの代官(吟醸だったかな?)】
当たり障りの無い美味しいお酒だった。浦霞をもっと芳醇にしたような感じ。酔っ払っちゃったのでよくわからないけど美味しくいただきました。
島根県 加茂福酒造
PR

ベイリーズ

急に思い立ってベイリーズを買ってきて牛乳で割って飲んだ。
(私は氷は入れません)
やっぱりうみゃい。甘くて濃厚でしみじみ美味しい。
なんでTiffinと間違えたのか自分の失敗ながら理由がさっぱり分かりません。
つつましい生活の中でもこういう酒の贅沢があると嬉しいですね。

そういえば今年に入って酒量が上がった気がする。前は月2~4くらいの飲酒だったのが最近は週3~4になってる。
仕事が激減したことと関係があるんだと思う。以前仕事が無かったときは酒ばかり飲んでいたので。

Tiffin Tea Liqueur

すごいバカなことをした。
自分は飲んでる間ベイリーズのアイリッシュクリームだと勘違いして菓子作成用の紅茶リキュールに牛乳を入れて飲んでいたのだ。
一瓶終わるかなという段階に来た今、やっとラベルの違いに気付いた。

いや飲んでいる時から「変だな変だな」とは思っていた。薄いし苦いし。
でもlこれはきっと私の、牛乳とリキュールとの調合割合いが悪いだけだろうと勝手に結論付けていた。
こうなると何が何でも濃厚なベイリーズが飲みたくなるから不思議だ。

私はアメリカンミステリーでスコッチに温めた牛乳を入れる飲み方を知ったのだが、スコッチ特有の臭い(あれ苦手)が消えてうっすらと甘みが出て、とても美味しい。お勧めです。

追記:
ふと思い立って調べたら、ティフィンに牛乳を入れて飲むカクテルもちゃんとあるんだ。びっくりした。
でもこれじゃ物足りないと思うんだけど……。
pl_tiffin.gif

Chevalier du Levant赤

Chevalier du lLvant(シュバリエ・デュ・リュバン)の赤。
515円のワインを批評するなどと人道にもとる気がしないでもないけれどもせっかく飲んだのだし。
飲みやすくてあっという間に半分終わってしまいました。
ボトルには「中華にもイタリアンにも」というようなことが書いてありましたがもっと気楽な、コンソメ味のポテチとかとあわせてみたい気がしました。ちなみに私はつまみ無しで飲んでます。

国境の酒「どなん」

国境の酒「どなん」 泡盛。
アルコール度数60度。とてもじゃないけどストレートでは飲めないので水で薄めて飲みました。
味はまったくくどくなく、(薄めたせいなのかもしれませんが)クセのある焼酎なんかよりずっと飲みやすかった。
item.rakuten.co.jp/okinawabatake/kokusen-donan60-600kuba/

クセのある焼酎と言えば思い出す。
焼酎類で一番ダメだったのはどこかの島の名前が付いた焼酎で、ものすごくクセがあって飲み込めなかった。
名前は「青ヶ島」じゃなかったかと思う。独特の匂い(多分精製してない?)が強くて、薄めてもオンザロックでも口に含んだ途端にダメだった。クセのある焼酎は酒好きや焼酎通にはすごく美味しく感じるのだろうと思うけれども私のような初心者にはちょっと難しすぎです。
www.matsumotoya-sake.com/aocyuu.html
↑ここのサイトによると「青ヶ島」は島のあちこちで作っていて作った人によって味が違うそうです。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne