忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[01/06 響由布子]
[01/06 しょっぱめの猫]
[09/24 響由布子]
[09/23 しょっぱめの猫]
[08/15 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738

性嫌悪と性欲の間

コピー元はこちら→http://anond.hatelabo.jp/20110630231016

気持ちはわかるけど振れ幅が大きすぎ(>_<)遊園地のフライングカーペットみたい

-----

とある有名はてな民・ブロガー・ツイッタラー(注:1)を見てきた。はてなとツイッターで彼をフォローし、ブログも欠かさず読んできた。

そして、いつの間にか、わたしは彼にいくらかのシンパシーを見出していた。

どこにも言えずに抱えている性嫌悪と性欲を、そして自分を汚れた存在と思ってしまうことを、包み隠さずに話しているからだ。

だが、わたしの性嫌悪は、彼のそれとは起点が大きく異なっている。

そのため、彼からしたら、わたしのシンパシーなど、邪魔なものに過ぎないのではないか、とも思う。

以下に、かい摘んで書いても長文になってしまうが、性嫌悪と性欲の間でもがくことになった経緯を記していこうと思う。

わたしは女性であり、直接の原因は元交際相手からのDVであったからだ。

詳細は諸々の理由(注2)から省くが、それなりに凄惨であった。

以後、性的なものを心から憎んでいる。

わたしはそもそも、かつては性依存ですらあった。

家庭にも学校にも居場所がなく、自分の存在価値を見出せない思春期を送っていたわたしは、高校生になった際に携帯電話を所有したことで存在価値を見出した。

当時、わたしの住んでいた地域では、J-PHONEを当たり前に所有しており、わたしのような人間にもスカイメール(注3)でメル友の誘いが来ていた。

そこで女子高生であることを明かし、食いついてきた相手と会うことになった。そして、「体さえあれば、射精するまでの間だけだとしても、必要とされる」ということを覚えてしまった。元々性欲が強かったこともあり、抵抗なくその誤った考えを受け入れてしまった。

スカイメール、出会い系、ナンパ。不思議なことに、淋しいとき、自暴自棄なとき、希死念慮手前のときほど、男はわたしを誘った。決して美人でもなく、醜く太ったわたしを。一瞬の充足感のためだけに、自分を粗末にしていた。

その安っぽい充足感は更に強烈な虚しさと淋しさを呼ぶだけだと知っていても、やめられなかった。

どういった喘ぎ声やフェラチオが相手を興奮させるのかも覚えた。何も感じていなくても物理的刺激さえあれば潮を吹くことも覚えた。男に組み敷かれる自分を、斜め上から俯瞰で見ていた。一度も快感を感じたことはなかった。

セックスは愛情表現、究極のスキンシップ、生殖行為。それは当時のわたしにとっては絵空事で、実際は自傷行為に他ならなかった。後にうつと人格障害でかかったカウンセラーから、「見境のないセックスは、女の子にとっては身も心もぐさっと貫かれる自傷行為なんだよ」と聞かされた。

そのような日々を送っていた中、前述の元交際相手と出会い、DVを受けたことにより、自分自身に、今まで依存してきたセックスに、男性に、つまり広く性というものに強い嫌悪感を持つようになったのである。

それから4年近く経つ今でも、嫌悪感からセックスはおろか恋愛さえ遠ざけて生きており、セクハラ(注5)により心因性失声を起こす程度には立ち直れていない。

性嫌悪だけで済んでいれば、どれほど問題はシンプルだっただろう。

ただ、わたしはさらりと書いたが元来性欲が強いほうであり、ほぼ毎日自慰行為をするような人間でもあるのである。あれほど嫌悪している性に対する欲望は尽きず、手で自分を慰めた後、自分を消し去りたいほどの感情に駆られるのである。嫌悪している自分を、それにも関わらず自分を慰める自分を。

DV以前から、妄想によって自分を慰めていた。しかし、DV後は、SMプレイで責め立てられている自分を妄想し、時にはSMものの動画をネットで探しておかずにすることも増えた。性嫌悪の引き金になった行為(注4)にも関わらず、である。

SMで責め立てられている妄想で自分を慰めて達する、そして絶望的嫌悪感に突き落とされる。その繰り返しの日々である。

最近、母になる友人が増えた。彼女たちの夫と顔を合わせていればいるほど(注6)、彼女たちを汚らわしく気持ち悪く思ってしまう。

同様の理由で、妻と子を携帯の待受に設定している会社の人間も、芸能人夫婦も、汚らわしく気持ち悪い存在に見えてしまうのだ。

どのようなセックスをし、どのようなプレイの後に子を授かったのか。無意識のうちに想像し、そして祝福する感情と嫌悪感との間で押し潰されそうになるのだ。

わたしはこんな自分を赦せないし、肯定することができない。

「いつか全てを愛してくれる人が現れる、そうしたらそんな感情からも解放される」と言われたことがあった。しかしどうして、わたしのような人間を愛することができるのだろう。

全てを愛してくれる人など、その場しのぎの慰めであって、幻想の押し付けとしか受け取れないのである。

おそらく今夜も自分を慰め、圧倒的嫌悪感の中安定剤を飲んで眠るのだろう。

こんな自分を肯定する術は、どこかにあるのだろうか。

性嫌悪と性欲の間、拭えない自己否定と自分を肯定されたい気持ちの間でもがいているからこそ、わたしは勝手にid:y_arimにシンパシーを感じてしまうのである。

注1:id:y_arim

注2:検閲、被DV経験者へのフラッシュバック喚起、自分でも目を背けたくなるなど

注3:1通3円で半角128文字まで送信できるSMS。携帯番号同士でやり取りできたため、適当な番号にメールを送ることで容易にメル友を作ることができた

注4:本義のSMには愛情があるらしいが、愛情がまったくない時点では虐げられるAV嬢と似たようなものかも知れない

注5:妻と子の写真を携帯の待受にする人間にお腹を揉まれ、誰も止めなかったということがあった

注6:写真だけでも辛いものがあるが、結婚式に参列していたり、夫婦と食事に行っていたりする程度に面識がある場合
PR

出家すべきかも
本人が言うように、全てを受け容れて愛してくれる男はおそらくいないでしょう。もし現れても、彼女はずっと疑い続けるはず。結局、人では彼女を救うのは無理っぽいほど、底の見えないところまで傷ついているように思えます。
人間で無理なら、あとは神仏しか…神や仏は人間を否定しませんからね。
無題
女の人って程度の差こそあれ、こういう感じの傷つき方を(心の中で葛藤して)して成長していくものだとは思うのですが、彼女の場合実践が伴っちゃってる分ちょっと深刻ですね(-_-;)

神仏はありがたいものだと、私も思います。
トシ取ったら余計にそう思うようになりました(爆)
あと愛玩動物も、可愛がれば可愛がるだけ返してくれるので、彼女の場合は神仏か愛玩動物が救いになるかもしれませんですね。
無題
このおねいさんは、仕事辞めて偉大なるお父様の下で珍味を売ったりすると一番幸せになれると思うんだな。

好きそうな話題ですね
ああそういえばにゃ(|_|)さんが好きそうな話題だったなあと思った夏の昼下がり…
実際
珍味売りにしても、逆に男は敵よ徹底的に粛清しないとキーと荒れてるおばさん連中も、
こういう類の人の弱さに付け入って、カウンセリングとか言ってとことん洗脳して仲間に仕立てあげてるのだもの。
特に男は敵よキーな人達はね。
無題
もしかして彼女(フラン……)を念頭に置いておりますかいの???(^◇^;)
幸い私はネットでもリアルでもそういう類の女の人とは知り合いじゃないのでよくわかんないっす(爆)
にゃさんは詳しいっすね。まるで東亜板の人が中韓の文化歴史社会風俗に異常~~に詳しいようですわん
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne