忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[09/30 響由布子]
[09/30 しょっぱめの猫]
[09/16 響由布子]
[09/16 響由布子]
[09/16 しょっぱめの猫]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[820]  [819]  [817]  [816]  [815]  [814]  [813]  [812]  [811]  [810]  [809

松竹花形歌舞伎@サンパール荒川

今日は前々から楽しみにしていた中村獅童様の歌舞伎公演に行って参りました。
「松竹花形歌舞伎」、荒川が出発点のようですね。


演目は長谷川伸先生の「瞼の母」と、踊りの「お祭り」です。獅童様かっこいいわーー(ハート)
でもでも、芝居の出来に関しては厳しい点を付けさせていただきたい。
会場が歌舞伎みたいな演目に合ってないのかもしれないけど、何を言っているのか良くわからない。声が通らない人がいる。(獅童様は最初駄目だった。男女蔵、笑也あたりは最初から通ってました)
それから台詞をとちった人がいました。私が気付いただけで、同じ人物が三回くらいとちってます。今までに何度か歌舞伎を見てますが、こんな事初めてじゃないかな。
多分一番年配の人。

全体的な印象なんですが、通し稽古を見せてる感覚なんじゃないの? というような緊張感の無い芝居でした。盛り上げ場だけ盛り上げときゃいいかって感じがしました。

もちろん、庶民に近いドサまわり舞台ってラフなのが魅力の一つだとは思います。でもそれと、舞台上で雑談(獅童さんが「お祭り」でしてた)したり台詞をトチるのとはちょっと違うでしょと思います。
PR

歌舞伎?
歌舞伎ですか??
歌舞伎です
あらお久しぶり~~感激~~お元気ですか?
携帯からの投稿は今家に戻って削除して書き直しました。
ご推察の通り歌舞伎です~~。今年はもう一回歌舞伎か人形浄瑠璃を行きたいけど無理かな~~。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne