忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[08/12 響由布子]
[08/12 しょっぱめの猫]
[06/29 響由布子]
[06/29 鷲尾]
[06/29 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2298]  [2297]  [2296]  [2295]  [2294]  [2293]  [2291]  [2290]  [2289]  [2288]  [2287

超絶ポジティブ

■教えてもらったんですが、今回の芥川賞の受賞者の1人って朝カル新宿のN先生の講座の生徒さんで、しかも通っていた時期が私が在籍していた時期と重なるんですよ。といっても私は落ちこぼれで半年で消えてしまいましたが……。輪読で出てくる受講生が書いてくる小説のレベルの高さに大ショックを受けちゃったんです。
■恐ろしいことにN先生の教室はみんな同じくらいすごかったんです。ほぼ全員が「え、なんでデビューしてないの?」というような作家の卵ばかり、魅力的かつ丁寧な話を作る人、毎回70枚小説を出してくるサラリーマン(しかもどれもめちゃ面白い)、平凡な風景なのに心のひだを丁寧に描くことで話を魅力的に描く人、そんな人ばかりなんです。
■そんな中にいても当然浮きますわ……ものすごく凹んで半年で脱落したのは、「これ以上ここにいると立ち直れなくなる」という恐怖心でした。
■ただ、今になって初めて、自分の感受性を改めてほめてあげたいと思いました。「我と彼の絶望的な違いが判った」ということなんですから。そしてその「判った」というのはやっぱり正しかった!
■ちなみに小説は2本出しました。さんざんでしたが先生からは切り口が面白いといわれました。そのあとの懇親会で5分ほどですがマンツーマンで教えてもらいました。本当にありがたかったです。
■自分の中では朝カルは黒歴史だったのですが、今回「凹んだ私は正しかった!」というお墨付きが出たように思いました。自分の記録用に書き留めておきます。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne