忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[01/27 響由布子]
[01/27 しょっぱめの猫]
[01/21 響由布子]
[01/20 しょっぱめの猫]
[01/14 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16

民主主義と多数決主義

民主主義と多数決主義は明らかに違います。
皆さん、実際に体験しているのではないかと思うのですが例を書いてみます。
とある会議で、会議出席者10人による多数決で採用する案を決めました。
案A……二番煎じの無難
案B……まったく新しい感覚で成否不明
案C……低予算第一で出て来た企画
案D……くだらないけど面白くて捨てがたい、心に残る案

10人中8人が「二番煎じは良くない」と思っていました。
10人中9人が「新しい事をしたい」と思っていました。
10人中10人が失敗を避けたいと思いました。(査定に響くので)
10人中3人が「どうせ失敗するんだから斬新にしようぜ」と思っていました。


投票しました。結果は
案A……4票(2票は二番煎じOKな人、2票は失敗したくない人)
案B……2票(斬新を求め、かつこの案は成功すると信じる人)
案C……2票(失敗しても低予算なら傷が深くない事を選考基準第一位にした人)
案D……2票(面白さ第一! この案なら失敗しないと思ってる人)


結果。10人中8人が「二番煎じはなぁ」「新しい事をしたい」と思っていたはずなのに、投票により二番煎じ&無難な案Aが選ばれてしまいました。
これが多数決主義です。
一方、民主主義(皆である程度話し合い妥協点を見つけ合う)の場合どうなるかシミュレーションしてみますと、案Aは大多数が支持していないので話し合いによって一番最初に消されます。


このように、多数決主義と民主主義は結果が違ってきます。
多数決主義で選ばれた案は必ずしも全員の意志に近くないのです。
これは多数決主義の欠陥でもあります。
多数決主義は独裁を生みやすいと言われています。
もう一つの欠陥は、少数派は永遠に日の目を見ないという事態が出て来る事です。


では多数決主義と民主主義の選好結果を、イコールに近づけるにはどうすれば良かったのでしょう。
一つは質問の方法を変えることです。
例えば「案A」と「案A以外」、という二者択一に持って行く事。
これが野党共闘という事になります。
ここで日本の選挙制度の欠陥の話に繋がります。


よって、野党共闘が思想的にふらついているなどという話はミスリードなのです。選挙制度の欠陥を補うためには、どうしても二者択一に持って行かないと永遠に民意を救いあげられないのです。
現況に反対する人たちの選択肢が増えると、多数決主義(=現在の投票制)の結果と民意の結果が離れてしまう。


多数決主義と民主主義の違いについて知ってから今回の選挙のゴタゴタを見直してみると、またちょっと違う思いが沸いてくるのではないでしょうか。(私はそうでした('ω'))


※別場所でまみ先生から教わった事を咀嚼してこのような話にまとめてみました。どうかなあ~。

参考リンク:


http://pari.u-tokyo.ac.jp/publications/column149.html


PR

やばい……

非公開で保存するはずだった記録が公開状態になってました(滝汗)
たまたま今朝は早起きで良かった! 
23時更新の翌6時非公開、アクセスは10に満たなかった。
見ちゃった人、内緒にしていてくださいましemojiemojiemojiemojiemojiemoji

たのんます……。

感想

セックスって何なんだろうね?
分かったようなつもりでいたけれど、急に分からなくなってきた。
セックスというより、性的な接触によって得られる快楽、と言った方が正確なのかな。
単なるエゴかもしれないし、生きて来た証かもしれないし。
というのが昨日今日の他人の話を聞いた感想です。

TVチャンピオン「大食い女王選手権」

私ら、ギャル曽根と赤坂尊子さんくらいしか知らなかったのですが、近年はスレンダーで可愛くて若い娘がモンリモリ喰ってるんですね……。
家人が最近「大食い女王選手権」にハマっておりまして、しょっちゅうyoutubeで見てるんです。
「お前も見てみろよ」というので肩越しに覗いてみたのですが、職場のアイドルみたいな娘が底なしに喰う様子に、かなり変態がかったエロスを感じてしまいました。

私「すごい……これだけの食べ物がどこに入っちゃうのかな」
夫「な、凄いだろ? 面白いだろ?」
   (オットよ。とうとうヘンタイに目覚めちゃったのか)
私「この娘たちの少女ピンクの腸の中にみっちり食べ物が詰まってて、たどって行くとだんだん黄色く染まってドロドロになって最後には直腸で水分が抜けるんだよね。一体毎日どんだけうんこするのかな。下水道料金もすごいよ」
夫「やめろおおおお! そういう話はやめろ! 俺の夢を壊さないでくれええええ」
私「ちがうの???」(ソッチ趣味じゃなかった)

いい年こいて女という生き物に夢を見る夫が悪いのか、とんちんかんな私が悪いのか……。


運慶展

「運慶」展見てきました! すごく良かった!(セックスの感想みたい…)
でも本当に凄く良かった。平日なのに入場制限してたくらい人気があるのは当然かと思う。作務衣姿で頭ツルツルの人が散見されましたがお坊さん? が来てるのかな?


運慶の作はやっぱり素晴らしい! お父さんのも凄いけれどやっぱり運慶。弟子の作品はそれなりにこじんまり綺麗にまとまっているけど運慶は凄い!!!
玉眼と言って目玉を入れた仏像が鎮座していたのですが、作り方が書いてありました。レンズ状に削った水晶の裏側に顔料で目玉を描き、そこに白い綿や和紙を詰めて白目を表現。目をくりぬいてある空洞の顔の裏から小さな竹の釘を楔替わりに斜めに打ってとめてあるのだそうです。なんという手間暇。
タイの仏像も運慶の像も細部が精緻で素晴らしいのですが、タイの方は見ていると笑顔になってしまう癒し系で、運慶の方は見てるとなんかこう、気が飛んじゃうんです。両方とも「情動」です。車のデザイナーUさんによると、運慶は下から見上げられる事を考慮してデフォルメして(上を大きく)作ったのだそうです。弟子たちにはその技術が無かったそうです。なるほど。天才が天才とみられるゆえんですね。

今ちょうど博物館の庭園も開放していたので見てきました。
携帯を忘れてしまって写真を一枚も撮れなかったのが残念です。

すさんだ心が洗われた一日でしたとさ。めでたしめでたし。


【追記】
場所は上野の国立博物館です~。
芸術品のすばらしさもさることながら、日本の運送業のポテンシャルにも感動した一日でした!!!

同じ「平成館」一階で展示している旧石器・縄文時代の展示物も内容が濃くて素晴らしかったです。数年前にリニューアルしたのね。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne