忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[11/26 響由布子]
[11/26 響由布子]
[11/26 しょっぱめの猫]
[11/26 しょっぱめの猫]
[10/31 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[985]  [984]  [982]  [981]  [980]  [978]  [977]  [976]  [940]  [975]  [974

是非読んでいただきたい

時折このブログに「文楽・歌舞伎」で検索してたどり着く方がいるのですが、是非読んでいただきたい本がありますのでご紹介いたします。
江戸幻想批判-「江戸の性愛」礼賛論を撃つ小谷野敦著の99頁~、「歌舞伎批評は可能か?」です。

是非読んで下さい。私は目からウロコでした。もちろん全部面白いので最初から読み進めてそこまでたどり着くのがベストですが、面倒な人はとにかく99頁からを読んで下さい。

実はわたし、以前から、文楽等の話の運びなどにもやもやした気持ちを持っておりました。でもこの章を読んでそれが氷解しました。

文楽・歌舞伎で検索してたどり着いた皆さんは、どのくらい観賞経験がおありでしょう? 私はさほどではありませんが、それでも、子供が殺されてバラバラにされて手足を舞台に放り投げるシーンで観客が忍び笑い(笑いなんですよ! 予定調和のカッコワライなんです)したり、話を面白くするためとしか思えないような無駄で自分勝手な死に方があったり、そういう部分に大いなる疑問を抱いておりました。「なんでそういう話が残ってきたの?」というような疑問もこの章を読むことで解決しました。シロウトの私が言うのもなんですが、大変優れた論考だと思います。

ただ、この論考は世間に受け入れられないかもしれませんが……。非常に真摯で、かつ優れていることに間違いはありません。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne