忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[09/16 響由布子]
[09/16 響由布子]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/16 しょっぱめの猫]
[09/06 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[720]  [719]  [700]  [718]  [717]  [716]  [715]  [714]  [713]  [712]  [711

近況

「団鬼六」賞次回開催決定だそうです。
詳細は「悦」vol.5に掲載予定だそうです@無双舎HP情報。

調子の悪いPCを買い替えて、ついでにプロバイダも替えました(正確には以前の+新しいのにしました)。
家庭内で新しいことが1つ始まりました。
でも原稿は全然書いていません……。
身体の中から音楽のように物語が流れ出して、私はそれを自動書記で書き下ろすだけ……という風にならないかなー(うっとり)。

小説って何のために書くんでしょう。日々の糧を得るためでしょうか。誰かに認めてもらうためでしょうか。
最近の自分は、文芸もまた芸術の1つであることを忘れがちになっています。あせっているせいだと思います。芸術は、己の中に「これを表現したい!」というかたくなな部分が必要ですが、同時に、不特定多数のギャラリーに受け入れてもらえてこそ意味があるのだということを肝に銘じたいと思います。どんなに言葉を尽くしても、相手に届かなければ意味が無いと思うのです。

自分が本当に書きたいことと読者が読みたいことは、一致しないことが多いのです。だからと言って、全部読者の書きたいことだけにしてしまったら、私はモチベーションを失います。逆に私が書きたいことばかりを連ねたら、その自己主張の強さ(※)に読者はうんざりするでしょう。
2つのバランスを常に忘れないように、細心の注意を払いたいなと思います。

※自己主張の弱い人は表現を研鑽出来ません
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne