忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[01/06 響由布子]
[01/06 しょっぱめの猫]
[09/24 響由布子]
[09/23 しょっぱめの猫]
[08/15 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2409]  [2408]  [2407]  [2406]  [2405]  [2404]  [2403]  [2402]  [2401]  [2400]  [2399

黙示録

※聖書については信じる信じないが論点ではなく
・そういうことが書いてある(客観的事実)
・それを信じる人がかなりいる(客観的事実)ということ
ローマ法王がこう呼びかけるのは(公衆衛生的に正しいか正しくないかは別にして)分かる。
というのは今の世の中はヨハネの黙示録に書いてある通りに進んでいるから、聖書を読む人は、「試されているときだ」と感じると思う。

ということに私が気づいたのは人間の手には負えない山火事の次に凄まじい蝗害とそれに続く疫病、この三つが立て続けに来たことでした。
福音派が支持母体のトランプ政権は今コロナで失敗したとしても支持され続けると思う。なぜなら神の怒りに人間は勝てないと分かっているので、せめて審判の時には聖書をちゃんと読む人間が国の上層部でいて欲しい、、、んじゃないかなあ。
副大統領ペンスは毎朝お祈りと聖書読みを欠かさない真面目で敬虔なクリスチャンです。マイク・ペンスの聖書も妻のカレンの聖書も使いすぎてボロボロなご様子です。

そういう人がコロナ疾病対策のトップになったのは象徴的だなあと思いました。疾病を封じ込めるというより神の怒りを和らげるため、みたいな感じではなかろうか。

※※検索で来た人で同じように感じている人がどのくらいいるのかちょっと興味あります。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne