忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[09/24 響由布子]
[09/23 しょっぱめの猫]
[08/15 響由布子]
[08/15 ノバヤシ]
[07/01 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2380]  [2379]  [2378]  [2377]  [2376]  [2375]  [2374]  [2373]  [2372]  [2371]  [2370

最近ビックリしたこと

■最近びっくりしたのは、その相手が好きか嫌いかの好悪の感情と、有罪無罪の判定が自動的にリンクしてる人が案外多かったという事なんです。
■有罪無罪を判定するのにその人物が普段いい人(面白い人)かどうかなんて関係ない、というのが世間の共通認識だと思っておりました。
■罪人だって好ましい人物はいるよ。でも「好ましい」と「罪」は全然リンクしませんよ。それが当たり前の世界になって欲しい。
■ある種の人物は、罪人に対して「あの人の事わりと好き」なんて言おうもんなら、「好きだ」と公言した人はイコールその人をかばう人だと、自動的に思うんだね。ほんとびっくり。
■そもそも「好悪」と「善悪」は全く違う次元の話です……。その辺しっかり認識して生きて欲しいと思う。独り言でした。
PR

周りにも
私の周りにもいて、びっくりしたことがあります。
ソレとコレとは別ですね(苦笑)。
わお
そうなんですか。どこにでも居るのかな。
それとこれとは別なはずなんですけどね、
「情状酌量」と「好悪」もまたちょっと
違うはずなんですけどね。
ここがごちゃまぜの人は一定数居るのでしょうね。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne