忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[10/11 響由布子]
[10/03 響由布子]
[10/02 響由布子]
[10/02 鷲尾]
[09/08 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2311]  [2310]  [2309]  [2308]  [2307]  [2306]  [2305]  [2304]  [2302]  [2301]  [2300

服部宇之吉

論語に見ゆる限り孔子は儒を以て自ら居らざりき
儒に就きては漢の學者は美稱として解釋したるが本來は餘り麗しき名にはあらざりしものの如し
儒と言へば他人をして尊敬の念を起さしむるよりは寧ろ嘲笑の念を起さしめたるものの如し
即ち儒の字は偸又は懦と通じて用ゐられしものの如く偸は偸安即ち一日の安を偸み意を勞するを忌むの意あり
懦弱の意にして偸と意味相通じ偸懦とも熟せり
周禮に依れば國民敎育(一方には貴族敎育と對し又一方は大學敎育と對す)の三大科目として(一)六德(二)六行(三)六藝あり
敎育の結果たる人材養成の方面より言へば六德と相通じて賢者を養ひ六藝は技術者を養ふ
即ち能者此れなり
而して賢能の民を繫ぐ方面より言へば賢者は之を師といひ能者は之を儒といひ六藝又之を道藝ともいふ
德行の字に歸宿し六藝の發して道の字著はるるを想へば道と德との二たり
師と儒との二たるを知るべし。……服部宇之吉『孔子敎大義』より
-----

私は儒学というものはイロモノという気持ちがうっすらあったので、この解説には膝を叩いてウケてしまいました。
服部宇之吉は日本人で初めて大陸の科挙の試験で進士になったすごい人らしい。彼は二本松の藩士のせがれで幼少時に母を亡くし、右目も失明という困難の中で勉学に励んだとのこと。
もっと前にもう一人進士になった人がいるのですが試験に受かった証拠がないのだそうです。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne