忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[10/11 響由布子]
[10/03 響由布子]
[10/02 響由布子]
[10/02 鷲尾]
[09/08 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2265]  [2264]  [2263]  [2262]  [2261]  [2259]  [2258]  [2256]  [2255]  [2254]  [2253

銃規制と鎮痛剤規制

■最近アメリカの政治が面白い。前に書いたと思ったが、トランプという人は夫婦そろって敬虔なクリスチャンなのだ。奥さんはもともと東欧の片田舎出身で、見てくれは派手でも中身は東欧の真面目な主婦そのまんま、モデル時代から自分の服は自分で作り料理もするなど家庭的な人間だったらしいのだが、あの享楽的に見える旦那さんも実は酒もたばこもやらない真面目な人なのであった……。
■もっとも80年代に出た自伝によると、彼が酒・たばこ・薬をやらないのは若くして死んだ彼の兄のせいらしい。兄を死に追いやったのは自分だという気持ちをずっと抱えて生きてきた人間が宗教に救いを求めるのはごく自然な事かもしれない。
■ビリー・グラハムという著名なテレビ伝道師が死んだとき、言動で過剰なほど反応していた。奥さんはFLOTUSになって初めての演説で聖書を読み、トランプ自身も何度となく

”In America, We don't worship Goverment, We worship GOD.”

と言っている。これはどういう事かというと「私にとっての行動原則は神である」との宣言だと思う。この発言に則って見直してみると、NRA(全米ライフル協会)に対する発言も最初から一貫している事が分かる。
■トランプがNRAに対して当初から言っているのは「彼ら(NRAの人たち)は良い人たちなので、正しい事を行うと信じている」という事で、正しい事が何かというとそれは「神から見て正しい事」なのだ。
■ところが神が見えない人間にはトランプが180度変節してNRAを敵に回したというように見えるらしい。読解力もあり事情通でもある人が「トランプ変節www何も考えてないwww」とか書いているのを見てびっくりしてしまった。トランプ&ペンスはずっと変わってない。ずっと同じ事を言い続けているのに???
■今回の件でも思ったが、常に神を意識したりその存在について考える人にははっきり見える事が、そうでない人間にはまったく見えていないという事。これは驚きの現象だった。

■ちなみに銃規制について大統領が最初の会合で言ったのは
・精神的・思想的に問題のある人間に銃を売らない仕組みを作る
 (意訳すれば神から見て正しくない人間には武器を売らない)
 (イスラム教・ユダヤ教ともに神は同じGODです、預言者と教典の解釈が違うだけ)
・ライフル銃販売OK年齢を18歳⇒21歳に
・バンプストックの販売停止
・銃を持った悪い奴をきちんと駆逐できるのは銃を持った良い人間だけ!
・学校内の武装化(兵役・銃撃経験のある教師の有志に銃を隠し持ってもらう)
・暴力的な表現物のゾーニング(特にインターネット)
■NRAが昨年から希望してきている政策は
・バックグラウンドチェックの厳格化(銃を売る前の検証をもっとしっかり)
・バンプストックの販売停止
・学校の武装化(学校襲撃のたびにNRAが悪者にされるのはたまらん!)
・銃を持った悪い人間を駆逐できるのは銃を持った良い人間だけ!
■これは私の考え:NRAと大統領の間の談合(妥協点)
・銃を持った良い人間を増やすので悪い人間を減らす協力をNRAもしてくれ!
・年齢規制をさせて貰う代わりに学校の先生が良い顧客になるから規制させてくれ!
・我々は愛国者であり神に仕える身なのだから政治的なふるまいはやめよう
 (実は聖書の中に「人間は政治をしてはいけない」と書いてあるのです)

こんな所ではないかと。
ちなみにペンスは自分の執務机の上にいつも聖書を置いていて、暇があると開いて読んでいるくらいの聖書オタクなのだそうです。だからトランプの言う事が良く理解できるのだろうと思いました。

そして、ホワイトハウス報道官の良くしゃべるおばさんサラ・ハッカビー・サンダースはハッカビー元アーカンソー知事の娘で、ハッカビー元知事は元聖職者、サラ自身も南部カソリック系の大学(父親が出たところと同じ)出身との事です。

ちなみに多分ですけど
”In America, We don't worship Goverment, We worship GOD.”

は開拓時代の建国の精神だと思います。
もともとアメリカが個人の武器所有OKなのは、「我々には政府に対してNOを突きつけクーデターを起こし政権を倒す権利がある」という理解なのだそうです(と町山智浩氏が言ってました)。非常に興味深いです。

■鎮痛剤規制についてはメラニア夫人が昨日「オピオイド・サミット」を開いたとの事。鎮痛剤に頼らない(=神に祈り神を信じる事で支え合う)という主旨のようだ。
https://twitter.com/FLOTUS/status/969308101961830402
■参考サイト
全米で蔓延する「オピオイド系鎮痛剤の中毒」
■銃規制についての超党派の話し合い
https://www.youtube.com/watch?v=0QI6gT7zxXg&t=1523s


■TVのキャスターが放送内で副大統領の信仰を「精神病」とからかった事に対する副大統領の反論
https://www.youtube.com/watch?v=OdvpvOkPgso

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne