忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[10/11 響由布子]
[10/03 響由布子]
[10/02 響由布子]
[10/02 鷲尾]
[09/08 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[2218]  [2217]  [2216]  [2215]  [2214]  [2213]  [2212]  [2211]  [2210]  [2209]  [2208

凄い作家さん

■不勉強ゆえこんな素晴らしい作家さんが居るという事を知らなかったのです。彼にとってはこれが初めての時代小説だったそうですが、圧倒されました。何より冒頭から面白い!
■この人の凄いところは、細かい説明(当時の制度や時代背景など)が説明じゃなくてちゃんと物語世界を築き上げるためのピースになってるところなんですs。知識をひけらかしたいという願望が透けて見えない。嫌味が無い。
■西田幾多郎の名前が出て来る時代小説なんて凄い! ところどころ「現代では…」みたいな現代目線の解釈が入るのに全然邪魔にならないのは物語にそれだけ魅力があるからなんだね。 
■私もこんな小説を書いてみたい! けど無理だろ……。でも努力すれば近づく事は出来ると思う。やはり学術書をたくさん読むことだろうなあと。考古学歴史学だけじゃなくて。自分に足りないものは分かっているのにこれがなかなか……。
光秀の定理(垣根涼介)


■こちらの作家さんはお名前は知っていましたが喰わず嫌いでした。どうせ性に合わないだろうと。■しかし作家の橘かがりさんに「やがて日本文学界の最高峰になるだろう」とお勧めされて読んだのです。「どんなもんなのかな」という好奇心です。
■凄い! もう驚くしかない。私が一番気に入ったのはチェッカーの話と象を飛ばした男の話です。

盤上の夜(宮内悠介)


両方とも激しくお勧めです。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne