忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[10/23 響由布子]
[10/23 しょっぱめの猫]
[09/30 響由布子]
[09/30 しょっぱめの猫]
[09/16 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1963]  [1962]  [1961]  [1960]  [1958]  [1957]  [1956]  [1955]  [1954]  [1953]  [1952

蓮舫さん…

蓮舫さん、やってくれたなあ。好きななだけにがっくりしました。
彼女のうかつなところとかおっちょこちょいなところ、前向きで明るいところ、攻撃的なところも好きなんです。でもこの言い訳の仕方はいただけない。


産経「蓮舫さんが台湾と日本、二つの国籍を持っているという話があるのですが、台湾国籍は放棄されましたよね」
蓮舫「言っている意味が分からない」
産経「台湾国籍をお持ちではないですか?」
蓮舫「日本国籍は持ってます」
産経「台湾国籍は…」
蓮舫「意味が分からない」
で逃げ切ってそのあとテレビで
蓮舫「私は生まれた時から日本人です」
蓮舫「日本国籍は高校三年の時取得しました」
※この日ホームページから「日本に帰化」の文言を消す
蓮舫「台湾籍は放棄しました(いつどのような経緯でとは言わない)」

そして今日のニュース。
報道によると、17の時父親に連れられて日本国籍を取得、台湾の国籍離脱については「台湾の代表所で父親が台湾語でなにか交渉していたが、その内容はわからない」で逃げ切ろうとしています。

「父親の出身地である台湾(中華民国)籍が残っている可能性があるとして、台湾籍を放棄する書類を台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)に提出した。」
「蓮舫氏によると、1985年に17歳で日本国籍を取得した際、父親に伴われて代表処へ出向き、台湾籍を放棄する手続きを取った。ただ、やりとりが台湾語だったため、詳細が分からなかった。国籍の照会に時間がかかっているため、6日に改めて手続きを取ったという。 」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160906-00000094-jij-pol

しかし台湾のネット新聞「東森新聞」2016.07.11号にこんな記事が
美女刺客! 台裔議員蓮舫、歌手今井繪理子進日國會

この記事の中に「事實上,蓮舫原名「謝蓮舫」,擁有中華民國與日本的雙重國籍って書いてあるんですよね……。それに台湾は「20歳にならないと国籍放棄出来ない」と法律で決まってます。

いずれにせよ、自分の国籍すら管理出来ない人間に国政は任せられないと思います。
あと他の国会議員も全員、国籍の身辺調査した方がいいです。

補足:
謝蓮舫さんが生まれた時はまだ日中国交正常化してなくて台湾は台湾でした。
その後中国との関係が改善され、台湾を国とみなさなくなりました。
蓮舫さんが生まれたときは国籍法改正前でしたので蓮舫さんの国籍は父親と同じ台湾籍です。
日本国籍を取得するには努力目標として元の国籍を捨てないとならない(罰則無し)
ただし、日本国は重国籍を禁止していて、場合によっては国籍はく奪もあり得る(が現状は殆どお目こぼしです)
この事件を機に司法の意識も変わって欲しいです。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne