忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[01/06 響由布子]
[01/06 しょっぱめの猫]
[09/24 響由布子]
[09/23 しょっぱめの猫]
[08/15 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1946]  [1945]  [1943]  [1942]  [1941]  [1940]  [1939]  [1937]  [1936]  [1935]  [1934

フナガタとオッペシ

夫「銚子の漁師って、着物を着る事を許されて無かったんだよ」
私「嘘だあ」
夫「全裸でおち××んにわらしべを結んでそのまま町を歩いていたんだよ」
私「うそぉ~ご冗談を(検索カチャカチャ)」⇒本当だった
千葉すごい……

日本都市伝説

という話をfacebookで上げたところ「騙されてる」「銚子の人に聞いたらそんなの聞いたことないって」という反響があったので躍起になって調べました。
そしたらいろいろ出てきたんです。
とりあえず興味のある方は「フナガタ+漁師」「オッペシ+漁師」または「全裸+漁師」で調べてみて下さい。
フナガタは男の全裸漁師で、オッペシはほぼ全裸の女漁師手伝いの事です。

サイトをご紹介します⇒☆彡
こちらのコメント欄に「実はおじいさんがそうでした」という貴重な意見があります⇒☆彡
こちらはアマゾンです。書評を読めば内容がわかります⇒九十九里浜
そしてもし、検索でこちらにたどり着いた方がいらっしゃったら、ぜひコメントをお願い致します。
こちらは全裸漁師の証言が記載されている本についてです⇒☆彡

差別云々はとりあえずおいておいて(ない方がいいのは当たり前)
全裸を恥ずかしいと思う文化は明治以降で比較的新しいですよね。
でも今回の全裸漁師の件は、昭和三十年くらいまでは普通にいたにもかかわらず、今は「そんなの嘘でしょ」「あり得ない」ってなってしまっているのです。150年たたないうちに無かった事になってしまっているんです。

現代の感覚で見て恥ずかしい文化はいらないから抹殺されちゃうんでしょうかね。
そんなのちっとも学術的じゃないしおかしいよね。
個人的には「(新政府が)服を着るように言ったが断固拒否した」なんて、海の男らしくて素敵だけどなぁ。
PR

海の男
これは以前、私も何かで読んだことがあります。

> 100年たたないうちに無かった事になってしまっているんです。

これは残念ですよね...
そもそも「恥ずかしい」ことなのでしょうかね。
う~ん。
隠したい歴史なんでしょうかね
やはりどこかで読んだ事がおありでしたか。
これは銚子の古老複数名に聞いてみたいです。
けれど、銚子の人たちは無かった事にしたいのかもしれません(;´Д`)その辺は分からないです
でも労働者の気高い歴史として残しておくべきかなと。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne