忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[11/26 響由布子]
[11/26 響由布子]
[11/26 しょっぱめの猫]
[11/26 しょっぱめの猫]
[10/31 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1387]  [1386]  [1385]  [1384]  [1383]  [1382]  [1379]  [1378]  [1377]  [1376]  [1375

結城彩雨&砂戸増造

※一応読者として書きたいので敬称略:
自分が官能小説の世界に魅了?されたきっかけが結城彩雨&砂戸増造でした。家人が持っていたたくさんの官能小説の中でこの2名が強く印象に残ったのです。あとは蘭光生。

どこがどう良かったんでしょうか、いまだに明確には分からないですが、子供っぽい人ほど彼らの小説に魅力を感じるのではないかなと思ったりもします。(子供は排泄ネタが好きなのです。原始的な快楽とでも言えばいいのか…)

とはいえたとえ通販であっても彼らの本を新しく買うのはハードルが高く、結城彩雨は長編3つ+短編集(「大いなる姦肛」と当たり屋に絡まれて道を外す人妻の話と小学生が継母をいたぶるのと陶子という助教授夫人が出てくるもの?)、砂戸増造に至っては3冊のみ(1つは新妻が夫と姑にいたぶられる話、1つは未亡人となってしまった女が夫の借金のためにSM世界に落ちる話、1つは切腹のブルーフィルムを作る話)です。蘭光生は多分幼稚園(か小学校)の先生が主人公の長編かな。全部自分の本じゃないので家人が処分してしまいました。

こんな感じです。

最近、昭和時代の作家さんの小説がkindleで気楽に買えるようになりました。私もkindle買おうかなと今さらながら悩んでます。
平成の官能作家さんはこれからが大変だなと思います。kindleで絶版が蘇って、ライバルが一気に増えたわけですから…(他人事のように書いてますが実は戦々恐々emojiなのです。私みたいに固定ファンが少ない作家には結構苦境と思います)
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne