忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[10/21 響由布子]
[10/20 響由布子]
[10/11 響由布子]
[10/03 響由布子]
[10/02 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017

亀と寝たい人に告ぐ

■時々「亀と一緒に寝る」という検索キーワードでここに辿りつく人がいるのですが、よく考えてほしいのは「亀はそれを望んでいるのか?」ということなのです
■うちの亀は催促してくるくらいそれを望んでおります。というのは私が亀の世話をものすごく必死でしているからその真心が通じて相思相愛でいるのです。(……多分だけどネ)
■自分がそうしたいから、という理由だけで亀と寝るのはいただけません。その辺は男女関係と同じですよね……相手から好かれる自分をまず先に造らないとアカンと思いますよ。
■ちなみに亀吉は私の体温を感じて呼吸を聞くと安心してすぐに寝てしまいます。
■ところが近年は亀に猫×2が加わって、私が必死で世話をする相手が増えました。夜になると私の布団の上が渋滞します。そうすると、布団の中の亀の上を猫が通り抜けたりするので、亀がびっくりして布団の中で下痢してしまうようになりました(一緒に寝るということは時には布団を汚されることもあるということです)
■よって最近は、布製キャリーバッグに亀を入れてそれを抱いて一緒に寝てます。
■考えてみると、布団の中に直に寝かせるよりバッグに入れて寝かせた方が、亀の肺のためにはいいんじゃないかと(今さらかよ(-_-;)ゞ)
■当たり前ですが、動物と寝る時は布団の上に外して洗えるベッドパッドなどを敷く事を激しくおススメ致します。化繊製の方が毎日洗えてすぐ乾いていいですよ。

※しっかし亀の事となると熱く語るよなぁ私……まぁ人生の大事なパートナーだし……
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne