忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[10/21 響由布子]
[10/20 響由布子]
[10/11 響由布子]
[10/03 響由布子]
[10/02 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

服部宇之吉

論語に見ゆる限り孔子は儒を以て自ら居らざりき
儒に就きては漢の學者は美稱として解釋したるが本來は餘り麗しき名にはあらざりしものの如し
儒と言へば他人をして尊敬の念を起さしむるよりは寧ろ嘲笑の念を起さしめたるものの如し
即ち儒の字は偸又は懦と通じて用ゐられしものの如く偸は偸安即ち一日の安を偸み意を勞するを忌むの意あり
懦弱の意にして偸と意味相通じ偸懦とも熟せり
周禮に依れば國民敎育(一方には貴族敎育と對し又一方は大學敎育と對す)の三大科目として(一)六德(二)六行(三)六藝あり
敎育の結果たる人材養成の方面より言へば六德と相通じて賢者を養ひ六藝は技術者を養ふ
即ち能者此れなり
而して賢能の民を繫ぐ方面より言へば賢者は之を師といひ能者は之を儒といひ六藝又之を道藝ともいふ
德行の字に歸宿し六藝の發して道の字著はるるを想へば道と德との二たり
師と儒との二たるを知るべし。……服部宇之吉『孔子敎大義』より
-----

私は儒学というものはイロモノという気持ちがうっすらあったので、この解説には膝を叩いてウケてしまいました。
服部宇之吉は日本人で初めて大陸の科挙の試験で進士になったすごい人らしい。彼は二本松の藩士のせがれで幼少時に母を亡くし、右目も失明という困難の中で勉学に励んだとのこと。
もっと前にもう一人進士になった人がいるのですが試験に受かった証拠がないのだそうです。
PR

淡路島

■古事記の「国生み」で一番最初に生まれてきたのはヒルコ(出来損ないで骨が無い姿だったので葦舟に乗せられて海に流されてしまった)、次が淡島(泡のように頼りないので島の数に入れられず)、その次、実質の第一番目がアハヂノホノサハケ(淡路島)だった。


■「何で一番最初が淡路島なの?(少なくとも天孫降臨の九州の方が重要なのに)」という事が急に気になったので調べてみた。


■「これについては、淡路島周辺の海人たちの創世神話が、朝廷に取り入れられたためと言われる。イザナギとイザナミは、もとは彼らの信奉する神だったという。(図説・地図とあらすじで読む古事記と日本書紀 青春出版社p10)」と書いてあるが、肝心の「もとは~神だったという」の根拠が書いてない……。


■朝廷と淡路島が何か関係あるのだろうか? というわけで調べてみたら、安寧天皇(欠史八代の第三代目天皇)の第三皇子シキツヒコノミコトが2柱の子を成し、そのうちの1柱がワチツミノミコト(和知都美命)と言って淡路島の御井宮(ミイノミヤ)に住み、2柱の娘を成す。2柱のヒメミコの名はハエイロネ(蠅伊呂泥)、ハエイロド(蠅伊呂杼)といい第七代孝霊天皇の妃となった。


■というわけで欠史八代の三代目の皇子が淡路島に住んでいた、という事は分かった。


■そしてワチツミノミコト(和知都美命)の娘が孝霊天皇との組み合わせで産んだ娘がヤマトトモモソビメ(夜麻登登母母曽毘売)といい、のちにオオモノヌシ(大物主神)の妻になった。つまりこの2柱の神の間に成した神は淡路島が故郷と言ってもおかしくない。


■このモモソビメは(長いので割愛するがとあることがあって)びっくりして箸の上に尻もちをついてしまい、女陰(ホト)を刺して死んでしまう。箸墓古墳はモモソビメと言われている。


■ここまでは「海人たちの創世神話」以外は古事記や日本書紀に書いてあり、宮内庁が認定している事です。


■ここから先が仮説など。


■決死八代の神話はつじつま合わせのために作られたものであると良く言われていて、ひょっとしたら淡路島に住んでいたワチツミノミコト(和知都美命)は別の種族だったのかも。論拠は、淡路島には古墳を作った形跡が無い=実は古墳を作る文化の貴族(王族?)以外の貴族が住んでいた可能性がある、つまりまったく別の信仰を持つコミュニティ。


■「国生み」の記載で矛をグルグル回す=鳴門の渦潮ではなかろうかと。鳴門の渦潮を毎日見ていた古代人が作り上げたのが、「神が矛で海をかきまぜた」という神話なのかな~。


■別の王族=邪馬台国という説もあるようです。モモソビメ=卑弥呼ではないかということです。ほお~。


http://www.sankei.com/west/news/170420/wst1704200004-n1.html


銃規制と鎮痛剤規制

■最近アメリカの政治が面白い。前に書いたと思ったが、トランプという人は夫婦そろって敬虔なクリスチャンなのだ。奥さんはもともと東欧の片田舎出身で、見てくれは派手でも中身は東欧の真面目な主婦そのまんま、モデル時代から自分の服は自分で作り料理もするなど家庭的な人間だったらしいのだが、あの享楽的に見える旦那さんも実は酒もたばこもやらない真面目な人なのであった……。
■もっとも80年代に出た自伝によると、彼が酒・たばこ・薬をやらないのは若くして死んだ彼の兄のせいらしい。兄を死に追いやったのは自分だという気持ちをずっと抱えて生きてきた人間が宗教に救いを求めるのはごく自然な事かもしれない。
■ビリー・グラハムという著名なテレビ伝道師が死んだとき、言動で過剰なほど反応していた。奥さんはFLOTUSになって初めての演説で聖書を読み、トランプ自身も何度となく

”In America, We don't worship Goverment, We worship GOD.”

と言っている。これはどういう事かというと「私にとっての行動原則は神である」との宣言だと思う。この発言に則って見直してみると、NRA(全米ライフル協会)に対する発言も最初から一貫している事が分かる。
■トランプがNRAに対して当初から言っているのは「彼ら(NRAの人たち)は良い人たちなので、正しい事を行うと信じている」という事で、正しい事が何かというとそれは「神から見て正しい事」なのだ。
■ところが神が見えない人間にはトランプが180度変節してNRAを敵に回したというように見えるらしい。読解力もあり事情通でもある人が「トランプ変節www何も考えてないwww」とか書いているのを見てびっくりしてしまった。トランプ&ペンスはずっと変わってない。ずっと同じ事を言い続けているのに???
■今回の件でも思ったが、常に神を意識したりその存在について考える人にははっきり見える事が、そうでない人間にはまったく見えていないという事。これは驚きの現象だった。

■ちなみに銃規制について大統領が最初の会合で言ったのは
・精神的・思想的に問題のある人間に銃を売らない仕組みを作る
 (意訳すれば神から見て正しくない人間には武器を売らない)
 (イスラム教・ユダヤ教ともに神は同じGODです、預言者と教典の解釈が違うだけ)
・ライフル銃販売OK年齢を18歳⇒21歳に
・バンプストックの販売停止
・銃を持った悪い奴をきちんと駆逐できるのは銃を持った良い人間だけ!
・学校内の武装化(兵役・銃撃経験のある教師の有志に銃を隠し持ってもらう)
・暴力的な表現物のゾーニング(特にインターネット)
■NRAが昨年から希望してきている政策は
・バックグラウンドチェックの厳格化(銃を売る前の検証をもっとしっかり)
・バンプストックの販売停止
・学校の武装化(学校襲撃のたびにNRAが悪者にされるのはたまらん!)
・銃を持った悪い人間を駆逐できるのは銃を持った良い人間だけ!
■これは私の考え:NRAと大統領の間の談合(妥協点)
・銃を持った良い人間を増やすので悪い人間を減らす協力をNRAもしてくれ!
・年齢規制をさせて貰う代わりに学校の先生が良い顧客になるから規制させてくれ!
・我々は愛国者であり神に仕える身なのだから政治的なふるまいはやめよう
 (実は聖書の中に「人間は政治をしてはいけない」と書いてあるのです)

こんな所ではないかと。
ちなみにペンスは自分の執務机の上にいつも聖書を置いていて、暇があると開いて読んでいるくらいの聖書オタクなのだそうです。だからトランプの言う事が良く理解できるのだろうと思いました。

そして、ホワイトハウス報道官の良くしゃべるおばさんサラ・ハッカビー・サンダースはハッカビー元アーカンソー知事の娘で、ハッカビー元知事は元聖職者、サラ自身も南部カソリック系の大学(父親が出たところと同じ)出身との事です。

ちなみに多分ですけど
”In America, We don't worship Goverment, We worship GOD.”

は開拓時代の建国の精神だと思います。
もともとアメリカが個人の武器所有OKなのは、「我々には政府に対してNOを突きつけクーデターを起こし政権を倒す権利がある」という理解なのだそうです(と町山智浩氏が言ってました)。非常に興味深いです。

■鎮痛剤規制についてはメラニア夫人が昨日「オピオイド・サミット」を開いたとの事。鎮痛剤に頼らない(=神に祈り神を信じる事で支え合う)という主旨のようだ。
https://twitter.com/FLOTUS/status/969308101961830402
■参考サイト
全米で蔓延する「オピオイド系鎮痛剤の中毒」
■銃規制についての超党派の話し合い
https://www.youtube.com/watch?v=0QI6gT7zxXg&t=1523s


■TVのキャスターが放送内で副大統領の信仰を「精神病」とからかった事に対する副大統領の反論
https://www.youtube.com/watch?v=OdvpvOkPgso

coincheck事件

コインチェックで大量の仮想通貨が盗まれた事件が面白い!
ライトノベル顔負けの展開で、映画化するんじゃなかろうかっていうくらい。

というわけでこちらにリンクを保存しておこうと思います。

【コインチェック事件】NEM財団所属17歳の天才女子校生ハッカーみなりん氏が流出資金の自動追跡プログラムの開発をして犯人捜査
※念のため追記しておきますが実際は40超えのおっさんです

ネム財団のインタビュー(事件に関して)
https://www.youtube.com/watch?v=kAN0C3__5qU&feature=youtu.be

↓↓リンク先の下のほうにカスペルスキーの名前が! 嘘くせえ~でも面白い
https://twitter.com/XRPTrump/status/956878678507495425



コインチェックのアドレスを見てもらえば分かりますが、Remote Accountがありません。
https://twitter.com/minarin_/status/95692430300555673
↑↑わかんないけどこの発言も取っておこうっと。

coincheckの取引高予測。すげー。
https://twitter.com/GiantGox/status/956978944112128000

考えてみると、出版業界全体の「年間」総売り上げ額が1.71兆円(2016年)、コインチェック1社の「月間」総取引量が4兆円。やんなっちゃうよなぁ。ビットフライヤーに至っては月間総取引量が10兆円だって。手数料だけで月間1000億こえるらしい。ほんとにやんなっちゃうわ。

追記(技術的な話の詳細)

みつひで心の短歌

『われならで たれかは植ゑむ 一つ松

      こころして吹け しがの浦風』 

 私でなくていったい誰がこの一本松を植えるだろうか
 志賀の浦風よ、こころして吹きなさいよ(枯らすなよ)

自ら武王に比し、信長を殷の紂王にたとふる心、後にあらはれたりと人はいひけり。
『常山紀談』←湯浅常山(1708~1781)が著した戦国逸話集 より抜粋

-----

私もこの句を見た時一瞬「古代中国の思想?(易姓革命的ななにか)」と感じた。
けどやっぱりそれは考えすぎじゃないのかな……。

でもこういう短歌に彼の人柄がよく表れているように思えます。
植物に対する素直な愛を感じるw


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne