忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[04/18 響由布子]
[04/18 しょっぱめの猫]
[04/14 響由布子]
[04/14 しょっぱめの猫]
[04/04 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

ゆうわく透明人間みだらデパート

発売日が刻一刻と近づいて参りました。

「ゆうわく透明人間みだらデパート」

主人公の優太くん、今回はデパートの警備に駆り出されます。
相棒である私立探偵・沙弓の警視庁時代の先輩に頼まれて、透明人間になって警備するのです。万引き防止策ですね。
上得意様向けの優雅な内覧会なので、物々しい警備はしたくない、でも万引き対策はしたいという相反する願望を同時に叶えるのが透明人間警備員佐宗優太というわけです。

でもデパートでの万引対策なんてした事が無いから、まず試運転……と思ったら物産展の試食は食いまくるし、女子校生の試着を覗き見るし、呉服売り場の女性店員のトイレは覗くし……。

それに今回も「手洗いしろ~~」と怒り炸裂します☆
「手洗い好きな子種をばら撒いてやる!」とばかりにせっせとエッチに励みます。

シチュエーションとしてはドSな着衣女に全裸の優太君がどつかれてヌカれるシーンがあります。
そして処女をいただくシーン、勤務中のエレベーターガールに挿入しちゃうシーンも……。

私の新刊は駅ナカの本屋さんや書店さんにあります。
見かけたら是非手に取ってみてください。
そしてそのままレジへ⇒⇒⇒
PR

さっき気付いた@KDP

さっき気付いたのですが、初の英訳小説は日本のアマゾンでも買えるようになっていました。
プライム会員の方は無料ですので是非ダウンロードしてお試しください。
詰まんなかったら削除しちゃえばいいし……。
確か最後に他の英語圏のエロチカ作家さんの宣伝が入っているはずなので、最後の方も見てみてくださいね。

The Vet

ゆうわく透明人間

12日発売のはずですが、気付いたらアマゾンで扱ってますね。
書店や駅売店ではもう店頭に並んでいるかもしれません。
見掛けたらよろしくお願い致します。
今回の話は、透明人間の薬を飲んだ主人公が、女子トイレや女子更衣室に潜伏し、悪戯をし、ついでに社内の謎に迫ります。
そして突然現れた全裸の美女……、彼女はいったい……。
http://www.amazon.co.jp/dp/4801906052/

濡れる透明人間(仮)

1月発売の予約ページが出来ました。
濡れる透明人間(仮)

いちおうアマゾンのサイトを紹介しておりますが、
アマゾンに出てるISBN発売日情報等をメモ書きいただき
出来れば国内書店にて注文・お買い上げいただきたく思っております。

というのは書店で買えば書店さんの収入にもなるからです。
私の本など小商いですが、それでも、塵も積もれば山となります。
塵も積もれば山となる、は商いの基本ですから。
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、これも修行と割り切って、
是非とも書店ガールから手渡されるプレイに挑戦してみてくださいまし。
どうぞよろしくお願い申し上げます。emojiemojiemojiemojiemoji

さて今回の話ですが、センスの無い仮タイトルの通り「透明人間」です。
新春初笑いと行きたいところですがどうでしょうか。
人前で素っ裸になっておちちんをいじりたい願望のある人には
もってこいの内容となっております。
よろしくお願い致します。

色泥棒たちまち小僧

「たちまち小僧」シリーズ3冊がようやっとkindle化されました!

色泥棒たちまち小僧
葵紋の淫謀・色泥棒たちまち小僧2
琥珀の秘具・色泥棒たちまち小僧3


シリーズ化するくらいは売れるかと思ったんですが、駄目でした orz
総じて時代官能は現代ものより売れ行きが厳しいようです。
もし良かったらポチって読んでみてください。よろしくお願い致します。

ところで「書きたいものは何?」と突然聞かれた事があって、しばらく考えてしまいました。
私は「これが書きたい」といういわゆるテーマは特にありませんし、高尚な夢もありませんが、読んで元気になる小説を書きたいと思っています。サラリーマンが一日の疲れを背負って吊革につかまって私の本を読んでいて「おいおい(-_-;)」と独りでツッコんでみたり、「ぶっ」と吹き出してしまって慌てて周囲を見渡してしまったり、笑った部分を本を閉じた後しばらくしてからポコッと思い出して苦笑い、そのシーンが頭にこびりついてしまったり、そういう小説を書きたいと思っています。

「あなたの脳を侵したい」 じわじわと……フッフッフ。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne