忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[04/29 響由布子]
[04/29 響由布子]
[04/29 しょっぱめの猫]
[04/29 しょっぱめの猫]
[04/20 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

誉田龍一さん

作家界きっての博学・時代作家の誉田龍一さんから新刊を頂戴致しました。
「将軍を蹴った男」登場!
このあたり(綱吉が死んでから吉宗に至るまで)は結構面白くて、実は私もプロットを作ったりしておりました(時代官能です)。
アマゾンはこちら⇒
でも出来れば書店さんでお買い上げ下さい。しばらく平積みになってるはずです。
誉田さんありがとうございました!!



PR

今年は新しい事を始める年かも

今年は新しい事を始める年かもしれない。

絶対後ろを振り向かない(言霊)

負けない(言霊)

めげない(言霊)

死ぬ時までは頑張ろう!!!

深夜のタクシー乗り場にて

先日の深夜、大宮駅でタクシーを待っていた時の事。
私の前にいた中年男性が「いやあ、大宮ってのはタクシーが多いねえ」としきりに感心してたのです。どうやら地元民ではなさそう。
年恰好はいかにも自由業? 刈り上げっぽい頭にグレーのヨットパーカーに明るい色のブレザー、下半身はスウェットに電気工事の人が履いてるみたいなブーツ。そしてトートバッグにはノートPCとルーターっぽい周辺機器。なんだこの人……。

その男、ドアを開けたタクシーの中に顔を突っ込んで放った一言が

「富山まで行ってくんない?」

あっさり断られてしまい、私に車を譲ってくれました。
で、タクシーの中で早速さっきの客の話に花が咲きました。
運ちゃんによると、月一回くらいああいう豪快な客が現れるそうです。理由は、新幹線の終電を逃したとか、親の死に目とか、誰かに急に会いたいとか、そういうのが多いそうです。

運ちゃんによると、今までで一番遠くまで行ったのは金沢だそうです。15万円ほどだったそうで。
ただし帰りが大変で、ガススタンドが無くて途中でガス欠を起こしてしまい、レッカー移動の憂き目にあったとか。もちろんレッカー移動代は自腹だそうです。ガス欠は自己責任(管理ミス)なんだって。
そういうのも大変ですけど、自分の勤務時間内に戻ってこられないといろいろ面倒みたい。
タクシーの運転手は個人事業主かと(会社システム的には生保業界の営業レディと一緒じゃないかと)かと思ったら違っていて、正社員だそうです。それで勤務時間が決まっているのですね。

他にも、100キロ超えると帰りの高速代も合わせて請求する決まりがあるという話なども聞かせてもらいました(ただし会社に寄って決まりは違う)。なるほどなあ……。

近況

最近、税理士の人に「これこれこういう時代小説を書きたいんです」と説明したところ、ムッチャ食いついてきてくれて、とても嬉しかった。
私はどんなにつらいことがあっても「面白い」って言ってくれる人が居たら何とか切り抜けられそうな気がします。

今はとてもつらい時です。ほんとうに。
でも、きっとくぐり抜けてみせる(言霊)。

無添くら寿司

今日は病院に行って図書館に本を返しに行ったついでに無添くら寿司に寄ってきました。
はじめてまぐろ竜田揚げを食してみたのですが、カリッと揚がって熱々で、意外とおいしくてペロッと食べてしまいました。
寿司用に切って余った端っこを揚げているみたいです。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne