忍者ブログ
雑多な日々の記録 (右上の「裏サイト入り口」は広告で私とは関係ありません) (このblogはアクセス拒否設定は一切使っておりません) (業者のコメントはブロックします)
最新CM
[08/15 響由布子]
[08/15 ノバヤシ]
[07/01 響由布子]
[07/01 鷲尾]
[05/05 響由布子]
プロフィール
HN:
響由布子
性別:
女性
趣味:
ペットと遊ぶ
自己紹介:
日記は数ヶ月ごとに整理しています。
適当に削除していますので検索でたどり着いても該当の日記が無い場合があります。
※連絡先はhibikiyuko〒gmail.com(〒を@に直してください)
ブログ内検索
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

刀剣研磨の臼木先生

■刀剣研磨の臼木良彦先生から彼の論文の掲載誌を頂きました。
ありがとうございます!
■本文より抜粋;
 当流に限らず武術は少しでも古い方がすぐれているかのような思いが少なからずあり、いつの間にか悪意はないにせよ事実を変えて伝わってしまうことが多くある。また、多く述べられることの一つに武勇伝的な話があり、これも事実に尾ひれが付いたり、あるいはまったくの創作だったりとさまざまで、これもその流儀の箔付けの一つになっている。
(このあと、古文書の内容の検証へと続く)
興味深く拝見いたしました。ありがとうございます!
PR

末國善己さん

またもや御本を頂戴致しました。
ありがとうございました!


徳川11代将軍家斉の時代。時の老中・松平伊豆守信明を叔父にもつ、気ままで人懐っこい青年剣士・月影兵庫。彼は叔父の秘命を受けた旅の途中で事件に遭遇する度に、鋭い洞察と上段霞斬りを始めとした武芸を駆使し、解決していく。大雨で足止めを食らった人々が滞在する旅籠で、殺人が起こる「血染めの旅籠」。盗賊が豪商から盗み出した千両箱の在処を探す「偉いお奉行さま」。行方不明だった町一番の美人が、4年ぶりに帰還。それを機に奇怪な殺人が起こる「帰ってきた小町娘」など、傑作17編。(アマゾンより転載)


https://www.amazon.co.jp/dp/4488425216/
 

末國善己さん

文芸評論家の末國善己先生からご本を頂戴致しました。
変わらぬ温情をありがとうございます!emojiemojiemoji
アマゾンはこちら!!!→https://www.amazon.co.jp/dp/4408555002/

 

リア充

小説以外の事でリア充しております。
小説の仕事欲しいけれど、現況では時間がない……何とかしないとそろそろヤバイ!
のですが、9月に資格試験を受ける予定なのでそっちが先かな。

もしかして

リアル知人が検索してたどり着くかもしれないので一応書いておきますが。
あまり他人に知られたくない・知られると困るという自分の事情があるので
よろしくお願い致します。私の方も気を付けています。


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne